見てからじゃ遅い

パスが遅くなってしまってカットされる。そういう場面もよく見る。最近「自分でファウルの判断ができていない」という記事を書いたが、パスにも通じている部分がある(該当者を思い返してみるとわかる)。これも自分で判断ができていないということを表している。

特にアシスト系のパスは出せるタイミングが「ほんの一瞬」であることが多い。だからパスする方向に顔を向けた瞬間にパスを出すかどうか判断し、その瞬間を逃さずパスを出さなければ通らない。

顔を向けた瞬間にパス。これをするためは、あらかじめ(顔を向ける前から)その方向にパスを出す準備をしておかなければいけない。パス動作の準備だけでなくパスする先の状況を頭の中でイメージしておく。で、見た瞬間にチャンスだったらパスを出すわけだ。ということをしないと「その瞬間に」パスを出すことはできない。顔を向けてから見て、それから判断して、そしてパスという手順では遅すぎる。

パスが狙えるタイミングだということがわかっていなくて準備ができておらず、顔を向けた瞬間に初めてチャンスだったことを知った場合。そういう場合は無理をしてパスを出してはいけない。あぁごめんと手を上げて謝罪しつつ、確実にパスが出せるところを探せばいい。

パスが出せない

上の画像はチノさんのところがノーマークだったけど準備が出来ていなくてパスができない様子。手をあげてゴメンという意思表示。この瞬間でもまだチノさんはノーマークだけど、ここからパスを出しても遅い(ディフェンスに反応される危険がある)。

こういう場面で無理にパスを出しちゃう人がいるわけだ。レシーバーにハイハイ言われて、タイミングが遅れているにもかかわらずパスを出す。カットされる。ディフェンスは戻れずに失点。

はじめから狙っているならいい。でも見て初めて気づいて、それからパスするのでは遅い。そういうときは無理にパスを出さず、より安全な選択を行う。そういうことが必要だよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ