練習で鬼ごっこをやったその目的とは

・ドリブル練習

そのテクニックができるようになることではなくて、足と手のリズムを習得することが目的。テクニック自体はできて当たり前レベルのものばかり。すぐできるようになってほしいです。

スポンサーリンク

・鬼ごっこ

周りの様子(自分の立っている位置とラインとの関係・鬼の位置、他のオフェンスの選手など)を確認し、現在の状況を判断しながらドリブルをつく技術を身につけることが目的。「見る」だけでは足りない。「観」なければいけない。

・5対5でのパス回し

前回の練習で縛りを設けた理由。まずは誰がボールに触っていないかということを把握するため、そして頭を使って考えることをするため。頭を使ってプレーできているか、それとも何も考えずにプレーしているか。それがよくわかったと思います。

次に、ボールをもらっていない人が強制的に「ボールをもらう動き」をするようにするため。または、周りの選手がボールをもらわせる動きをするため。これも誰ができていて誰ができていないか一目瞭然。

そして、個人的に強く感じていた「ボールがもらえない」というストレスをなくすこと。ボールに少しも絡まずに誰か(私のときもある)が勝手にシュートをうつという状況が多かった。ストレスがたまる。その解消。

さらに、あの縛りの一番の目的は、「1対1で攻めないようにする」ためです。人と絡んで1対1ではない方法でシュートまでいく。1対1が通用するのは普段の練習の中だけで、試合では通用しません。練習で「試合で通用しないこと」ばかりしているから、実際試合になるとプレーが変わってしまって全然かみ合わなくなるんです。自分勝手にプレーしてしまう人が多いと常々感じているので、それをどうにかしたいです。今のままでは頭悪い感じなので、改善していきましょう。

改めて書いてみると、レベルが低いことをやっているなという感じ。どんどんレベルを上げていけるように、頑張っていかないといけないですね。そのためにはチームの中でも上にいる人たちの「自覚」が必要。もっと上を見ながら、そこで戦うことをイメージしながら練習していきましょう。

スポンサーリンク

2 Responses to “練習で鬼ごっこをやったその目的とは”

  1. ノーブリー より:

    はい、良く考えさせられました。
    ダメの象徴みたいっすね、俺。
    で、今更なんですが、あの2ステップでドリブルをするのはどんな意味があるのですか?

  2. admin より:

    あの練習はステップに注目してしまうと意味がなくなってしまうんですよ。だから「2ステップ」という捉え方はしないほうがいいです。あれが2ステップなのではなくて、いつもついているドリブルが-1ステップなんだと考えてください。
    足の動きが足りてないからあぁいう練習をしてるわけです。踏ん張ったドリブルをしないための練習です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ