力を入れるとすぐ疲れる!ビバハヤトとの幻の3位決定戦

先日行われた新潟市の市民大会。我々HORNETと、新潟大学バスケ部のOBが中心となって結成されているチーム「ビバ ハヤト」が、どちらも同じクラスの準決勝で負けて3位となってしまったので、3位決定戦をやろう!ということで練習試合を行いました。

スポンサーリンク

めちゃくちゃ強い相手とどう戦うか

同じ3位でも、チーム力にはかなりの差があります。メンバーを見ると、優勝しててもおかしくないようなチーム。市民戦の反対側の山は、かなりレベルが高かったみたいですね。バスケ部OBなので、基本的に全員がうまいし、逆に我々は「そこそこはできるけどたいしたことない」くらいの人たちの集まりなので、かなり厳しい戦いになることが予想されました。

withviva1

これまでは強い相手と戦った時は「何もできずに終わる」ことがほとんどでした。ちょっとは通用する部分があるとか、いいプレーがいくつかあるとか、そういうことにはならなくて、「何もできずに終わる」「何もさせてもらえない」となることが多かったです。特に個人的に。なので今回は一つでもいいから相手と「戦える」ように頑張ろうと試合に臨みました。

スポンサーリンク

結果、早々にへばって負け

試合は予想通りハイレベルなものになりました。こちらにはセンスのあるめちゃうまプレーヤーに助っ人で入ってもらっていたのですが、彼の頑張りもむなしく負けてしまいました。

withviva2

そのめちゃうまプレーヤーを始め、通用していた選手は何人かいましたが、私はというと、もともと体力が無いのに張り切りすぎて早々にへばってしまい、思うようなプレーができませんでした。力んだ動きをしてしまっているところに体をぶつけられたりすると、力を入れているところにさらに力を入れてバランスを取らなければいけなくなって、体力の消耗が半端ないです。もっと余裕を持って動けるようにならなければ・・。

余裕を持って動いているときはそこそこできる

人がたくさんいるところに不用意に入り込んだりすると、囲まれて簡単につぶされてしまいます。でも、人がたくさんいないような場面では、余裕を持って周りを見ることができるし(当たり前だ!)、フィニッシュまではいけなくても何個かいいアシストをすることができました。近くに人がいるとどうしても焦ってしまうので、改善していけるように練習します。

あとは体力!すぐに疲れてしまいすぎ。たぶん無駄に力を入れすぎていることが多いので、力を抜いて動けるように練習していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ