エスリーグにけいちゃん登場

一昨日はエスリーグの試合。なんと久しぶりにべんぞうさんが参加してくれました。練習には全く来れていなかったですが、こうして試合に顔を出してくれるのは本当にありがたいです(人数的にも)。けいちゃんも登場。「俺のこと覚えてる?」と聞いたら「せぐらしゃん」と答えてくれました。べんぞうさんが相当仕込んでたみたいです。最初は恥ずかしがってべんぞうさんの影に隠れていたのですが、帰る頃にはすっかり打ち解けて、誰もわからなかったけどザキヤマの真似とか変顔とかしていました。写真撮ってくればよかった!

けいちゃんの写真がないのでたかちゃんの写真。
たかちゃん

試合のほうは一試合目のエチゴにはギリギリ勝利。二試合目のシャイにはあとちょっとのところで負けてしまいました。エチゴ戦もシャイ戦も「賢く戦えない」という点が問題だったかなーと思います。目の前の相手との駆け引きはしてるんだけど、全体的な流れを考えることができていなかったです。

例えばノーマークだからと言って簡単にシュートをうってしまうオフェンスが何度も続いたあたりなんかにはまさにそれだと思います。S3レベルだと何も考えずにプレーしていてもノーマークの状態ができたりします。そういう場面で、「あ、前に誰もいない。シュートだ」と安易に考えてしまうのが良くなかったです。「ノーマークを作り出してシュートをうっている」のではなくて、「ノーマークだったからシュートをうっている」という感じになってしまっていました。そういうオフェンスは仮にシュートが入ったとしても、流れを引き寄せるには至らないんですよね。

理屈としてはオフェンスのほうが先手をうつことができるので、ディフェンスの動きをある程度はコントロールできることになります。だからコチラから働きかけてディフェンスを動かして、ノーマークの状況、もしくはディフェンスが予測できていないような状況を作り出して、そこでシュートをうちたいんです。でも今回は、こちらのプレーが相手にバレてしまっていたというか、ディフェンスにシュートをうつだろうなと思われてしまっている時にシュートをうってしまっていた(うたされていた)場面が多く、それはたとえノーマークでシュートをうてていたとしても、ディフェンスに勝てているということにはならなくて、頭で完全に負けていたという感じでした。エチゴ戦は勝ったけど勝ってた感じしなかったよね。

頭を鍛えなきゃいけないから改善がなかなか大変なんだけど、どうやったらできるようになるのか考えていきたいです。

スポンサーリンク

3 Responses to “エスリーグにけいちゃん登場”

  1. HISA より:

    ふむふむ!

    ディフェンスをコントロールする!

    いい言葉ですね!

    特に相手がゾーンの時は、
    そうありたいですね〜

    こう言う為になる更新を
    じゃんじゃんお願い致しますm(_ _)m

    • リーダー より:

      >HISAさん
      理屈ではそうでも実際にやるとなると
      やっぱ技術が高く無いと難しいんですよね。
      いっぱい練習していかないといけないです。

      2014年ラストにHISAさんと同じチームで
      ゲームできてよかったです!
      またお願いしまーす。

  2. HISA より:

    リーダー!

    こちらこそ、同じチームで試合できて良かったです!
    来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

    良いお年をお迎えくださいm(_ _)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ