Bチームの市民戦は一回戦負け

遅くなってしまいましたが、Bチーム市民戦の結果です。

スクリーンをかけるトマ

今回は1回戦負け!(得点は忘れました)

やはりミトがいないのは響きました。大きい選手が二人出てきた時はかなり厳しかったです。「今日いい感じがする!」といつもどおり話していた(毎日言っている)ヤマザキが、その言葉通り序盤からオンファイヤー。1ピリだけで24点取ったらしい。

調子がいいからシュートをどんどんうちたくなる。早打ちになって流れが悪くなるパターンですが、この日は早打ちとも思えるようなスリーポイントもほとんど決めていて、ヤマザキ自身が流れを作っていました。

このシュートの調子の良さは夜の練習まで続いていました。スリーポイントはほとんど落としてなかったんじゃないでしょうか。「よく狙えば入る」と言っていましたが、私も似たような感覚を持つことがあります。「リングがよく見える」感じです(よく見えるからよく狙える)。今の感覚が維持できれば、シュートがどんどんうまくなっていきそうです。

この試合でもう一つ印象に残っているのは、トマが本当に流れを崩さなくなったということです。

「周りに合わせることができる選手(合わせようとしている選手)」は実は今のホーネットではそれほど多くありません。周りの選手が作り出すいろいろな状況に合わせて動くためには、自分自身がいろいろなバリエーションのプレーができなければいけない。でも「対応できる状況が少ない」人が多いのです。

そういう選手は起用するのがなかなか難しいです。周りの流れにのろうとせず(流れにのれない、合わせられないので)、自分のリズムだけでプレーしてしまうからです。そういったオフェンスは試合の流れを壊してしまうので、特に競っている場面ではコートに立たせづらい。

対応できる状況が少ないのは、普段から新しい動きに挑戦せずにいつも同じプレーばかりをしているからですが、トマはわりと自由な発想を持っていてなおかつ常に新しい動きに挑戦したりしているので、イレギュラーな状況が起こったときにとっさに対応することができます。動きのトロさはチーム一だし、ドリブルもパスもシュートもディフェンスも他の選手に比べてまだまだ質が低いですが、「対応力」という点では他の選手よりも上回っているんです。

交代を告げる場面で私はそれを実感しました。ベンチメンバーを見渡し「流れを崩さず周りと噛みあいながらプレーできるのは・・」と考えた時に、導き出された答えが「トマ」でした。ド素人からよくぞここまで・・。

そんなトマが新潟を離れることになりとても残念です。今日はトマの送別会も開かれます。主催はトマです。自分の送別会なのに。旅に出ると言っていたので、新潟に旅してもらって試合に出てもらおう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ