Aチーム市民戦一回戦

土曜の近県選手権に引き続き、日曜はHORNET Aの市民戦でした。HORNET Aといえば前回の市民戦でたった5人しか集まらなかったように、毎回集まりが良くないのが不安材料の一つです(みんな忙しい)。今回も前日になっても5人確定していないということで、試合ができるのかなかなか微妙な状況でした。

タイガのスリーポイントシュート

しかし当日はなんと8人が終結。普段練習に来ている人はほぼ参加できたという奇跡が起きました(フルメンバーで8人しかいないというのも微妙ですが)。おまけに練習に来れていなかったべんぞうさんも参加。「あけましておめでとうございます」と挨拶されました。もう4月も終わるのに。

参加者 WARAさん、謎の男1、べんぞうさん、ムラヤマさん、OTKさん、わたし、TBKさん、アライさん(4ピリのみ)。

相手はO.F.F。新潟大学のサークルのチームです。みっちが面白がって平均年齢を計算していましたが、計算するまでもなく相手よりも10歳くらい上でした。TBKさんとアライさんが一番下っ端という。ホーネットにも高齢化の波が押し寄せています。

試合は出だしからみんなよく動けていた印象でしたが、相手の体格のよいインサイドに手こずり突き放すことができず、ずーっと僅差の状態が続きました。前半終わった時点で同点くらい。このペースはまずい。後半動けなくなって離されるパターンです。

そこで満を持してTBKさん投入。もちろんTBKワールドを期待しての起用です。

TBKワールド・・・周りにいる人間の思考が停止して誰もしゃべらなくなり、まるで時が止まったかのような錯覚におちいる。

期待にこたえてくれたTBKさん。ノーマークでパスを受け、スリーポイントシュート。ボールは高い弧をえがき・・・

意表をつくシュートタイミング、そして予想外に高くいい感じのアーチ。見ている人たちは思考が停止し、会場は一瞬静まり返りました。これぞTBKワールド。TBKワールド初体験の人もはっきりと認識できたことでしょう。

残念ながらシュートは外れてしまいましたが、流れを引き寄せるには十分でした。予想通り動きが鈍くなってきた苦しい時間帯に炸裂したムラヤマさんのスリーポイント。3点ビハインドにされた次のオフェンスでの同点シュートでしびれましたが、あれは完全にTBKさんのおかげだったと思います。

後半は相手のシューターに何本もスリーポイントを入れられ苦しみましたが、4ピリに間に合ったアライさんの3ファウルも効いて勝つことができました。見どころありのナイスゲームでした。

一回戦勝ち上がったことでもう一試合できることが決定。しかし・・

TBKさん「そろそろ時間が」

アライさん「帰ります!」

OTKさん「いやー、すいません!」

べんぞうさん「頭いてーから車で寝てくるわ。たぶん酸欠」

はたして我々は2試合目を戦えるのでしょうか。続く。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ