Sリーグファイナルの話3

フリースローが決まって3点差。もちろん相手のタイムアウト。残り3秒を守って勝利だ。しかし・・・とどんでん返しがありそうな場面だが何も無く普通にそのままタイムアップ。3点差でなんとか勝利した。

いそっちのリバウンド

続いてシューティングスターズ対Shyのオフィシャル。WARAさんがシューティングスターズの助っ人で出場しておりかなり活躍していた。「助っ人として役割を果たしている・・!」終盤競って目の離せない展開になったが、一緒に得点板をめくっていたTBKさんがニヤけながら試合を見ており、そちらからも目が離せなかった。TBKワールド全開だった。試合は最後の最後でShyが逆転のスリーポイントを決め勝利。しかし終盤のシューティングスターズの追い上げはすごかった。

次はZ戦士戦。こちらもなかなか手ごわい相手。マッチアップを考えていくとどうしても一箇所ミスマッチができてしまう。ヤマザキがいなかったせいだ。でもしょうがない。おばあちゃんとの約束は大事だ。

前半はなんとかくらいつくことができた。しかし後半の出だしで足が使い物にならなくなった。いきなりだった。ちょっとでも力を入れようものならふくらはぎがギューンとなってしまうような状態になった。前半はスクリーンを使いながらディフェンスを動きで振り切ってアウトサイドシュートをうつという形が多く、それが決まっていてついていけていた感じだったが、後半は振り切ることができなくなり得点が止まってしまった。終盤は相手に走られてしまい、30点もの差が開いて負けてしまった。これでHONEY BEEのファイナルは終了した。

足はギューンだし疲れて体に力が入らなかったが、この日はもう一試合、しかも本番(S1)の試合が残っていた。試合までに少し時間があったので、足を休めることに専念する。ベンチの椅子に足をのせて横になったのがいい感じだった。そのおかげでギューン状態を脱することができた。

この日は集まりが非常によくて、交代要員がたくさんいた。疲労のことがあったので「ベンチスタートか・・」と一瞬考えたが、やっぱりスタートでいくことにした。

ギューン状態は脱したものの体がかたまりつつあったので思うように動けず、前半は相手の動きに翻弄されてしまった。合わせの動きのタイミングがなかなかつかめなくて何本もやられてしまう。一方こちらは1対1が止められて思うように得点することができない。1ピリでいきなり14点差。前半が終わった時には27点もの差がついていた。

後半は体がほぐれてきていた。体が重く素早く動けないことには変わりはないが、走れるようにはなっていた。動けるようになるとディフェンスを引きつけることができるようになる(ボールを持たなくても)。それが効いてか他の選手も得点できるようになってきた。このピリオドは流れがだいぶ良くなり、1ピリ、2ピリとそれぞれ9点、8点しか取れなかったのが、3ピリでいきなり24点取ることができた。

しかし相手のオフェンスは相変わらず止めることができず、4ピリで点差はさらに広がり・・。44点差で負けてしまった。いろいろ勉強になった試合だった。

試合が終わってからは会場近くの來來亭でラーメンを食べて帰った。来来亭のラーメンは好きだが、チャーシュー麺の大盛りはかなりきつかった。次からは味玉の普通盛りにする。一方みさきちゃんはまたチャーハンと餃子をたいらげていた。そんなSリーグファイナルだった。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ