練習試合vsフライヤー!パスでディフェンスを崩せない

昨日はフライヤーさんに来ていただいて練習試合をしました。最初の1試合分(10分×4)は87対49で勝利。点差は開いたけど、課題の残る内容だったと思います。ずっと言ってきた「無駄なドリブル」なくなっていないし、パスも外でしかまわらなかった。最後のほうはミスばっかりだったし。

スポンサーリンク

フライヤーと練習試合

この画像、わかりにくいけど、トップの位置(画像左端)で私がボールを持ってます。ゴール下の峠を見つつ、右サイド(画像右端)のやっさんにパスする瞬間。ディフェンスが完全にこっちに集中してるでしょ。

パスの瞬間

やっさんがキャッチした瞬間。この瞬間、やっさんの前には誰もいない。

こういう状況が作れると、ディフェンスは「追いかける形」になる。この場面のように、たった一本のパスでも崩すことはできるし、一本で小さいズレしかつくれなくても、二本目のパスでより大きなズレが作れたりする。これが続けば、ゾーンは崩れる。もちろん相手がマンツーでも、簡単に点が取れるようになる。

でも、こういうのが苦手なんだよね。

スポンサーリンク

パスで崩すっていう意識がないのも問題だけど、パスが遅い、すばやくパスができないのが大きな問題な気がする。チェストパスが遅いことと、方向とタイミングがばればれだということ。頭の上から両手で投げるパスも多すぎるし(ディフェンスの頭を越すパスは遅い)、微妙なタイミングで1対1をしてしまう。ゾーンディフェンス相手に1対1なんてしてしまったら、ディフェンスは崩れないよね。1対1でボールが動くスピードは遅いんだから。余裕を持って守られてしまう。

あとは、自分が動いているときに周りが見えていないのも気になるところ。パスで崩すためには、パスを受ける前から周りの状況を把握できていないといけないけど、たぶんあまり見えていない。だからキャッチして、いったん止まってからパスするところを探してしまう。そうすると、ディフェンスは追いついてしまう。

昨日みたいな試合は、シュートが入ればそれでいいというものではない。その決め方が大事なんであって、それを練習するいい機会だった。でも、良い形で攻めることができたオフェンスは、ほとんどなかったね。もっと意識を高く持って練習していかないといけない。

スポンサーリンク

2 Responses to “練習試合vsフライヤー!パスでディフェンスを崩せない”

  1. KOBE より:

    写真のやっさんの姿勢からあの動きを思い出すことができる。。。

  2. リーダー より:

    >こーび

    やっさんは相変わらず宇宙人な動きをしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ