Bチームは劇的な逆転負け

試合中のタイガ

どうも、リーダーです。Bチームの試合の戦評です。Bチームは44-45でTOKOJAWSに負けました。Aチームの人たちも試合が終わってから白根へ駆けつけベンチで応援。私が到着したのは2ピリ開始直後。18-16で2点のリード。10点くらい差があったところをヤマザキやタイガの活躍で追いついたという場面でした。

ベンチからヤマザキのプレーを見守る

スコアを見てみると、第1ピリオドは6-14で8点リードされたみたいです。しかしミトの得点とヤマザキ、タイガのスリーポイントシュートで一気に逆転。その後もいい流れが続きました。第2ピリオドのスコアは18-5。24-19で一気に逆転。相手のシュートがリングに嫌われ、そのリバウンドをしっかり取れていたのが大きかったと思います。アベッチのリバウンドも目立ってたな。

ベンチの様子

第3ピリオドはなかなか点が取れない時間帯が続きました。途中ミトやヤマザキにも疲労の色が見え始め、運動量が激減。レイアップを盛大に外し、獣のようなダッシュで(見ていたいそっち爆笑)ディフェンスに戻ったのもここだったか?そこでついにタガ投入。僅かな出場時間で一気に4つのファウルをおかしました。しかしシュートが1本、2得点(1/1)。そことスクリーンの引っ掛けは良かったです。しかし相手にセカンドチャンスで決められたりして差をつめられ、なんとかタイガのスリーポイントでつなぐも、33-32で終了。1点のリード。

ヤマザキがボールを持っている

第4ピリオド。「ここで足が止まったほうが負けだ!」とベンチから送り出す。しかしリバウンドに飛び込まれ、相手の得点がなかなか止められない。1点を争うシーソーゲームに。こういうときはたいていホーネットが得点しきれずに差が開いてしまう。途中立て続けに得点されたまらずタイムアウト。この流れが良くない状況で頑張ったのがヤマザキとタイガ。ヤマザキは力強いドライブで厳しいチェックにあいながらも得点し、タイガもパスを受けてしっかりとスリーポイントを決めた。

ベンチに帰還

そして残り時間十数秒、1点リードというところでスティールから速攻。ヤマザキがこれをしっかり決め3点のリード。相手タイムアウト。

レイアップでバランスを崩すヤマザキ

守ってこのまま試合終了というところだったが、なんとここで相手に痛恨のバスケットカウントを与えてしまう。1点差。残り2.9秒で相手のフリースロー。タイムアウトを取ろうとするがすでに取り切っていたため取れず。しかしオフィシャルがゴタゴタしていた隙に話をして試合再開・・。

疲れが見え始めたヤマザキ

相手のフリースロー・・・外した!しかしこのリバウンドを相手に取られ、ゴール下のシュートを決められ逆転される。残り0.1秒。シュートもうてずそのままタイムアップ。44-45で負けでした。3点リードした時点で気が緩んだHORNET。最後まで諦めなかったTOKOJAWS。その差だったかな。

試合後のタイガさん

Aの試合もかなり悔しかったけど、この試合も相当悔しかったです。ギャラリーに戻って泣いていたミト。試合に向けてかなり気持ちが入っていただけに悔しかったでしょう。

大の(184センチの)大人が負けてボロボロと悔し涙を流すほど熱くなれているなんて・・HORNETステキ!と思ったのは内緒ですが、この試合とBチームのメンバーの様子を見てもっと上を見て練習していかなければいけないということ、まだまだホーネットは強くなれるということを再確認しました。またこれから頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

2 Responses to “Bチームは劇的な逆転負け”

  1. タイガ より:

    ホーネットに入って一番悔しい試合でした。

    ボックスアウトが全くできてなかったと思います。
    シュート打たれる→ボックスサボる→リバウンド取られる
    このループを続けられたら勝てないですね。
    疲れた時にこそ足を動かさないと。

    自分も大事な場面でのパスミス、キャッチミス、ガードとして最悪です。
    「点を取る」と言って11点。本当に情けないです。

    あと試合終わった後に高校の時のチームメイトに言われたんですが
    最後のヤマザキさんの速攻のとき「キープすれば良かったんじゃね?」
    と言われました。
    確かにキープして試合を終えれば1点勝ちで試合終了。
    そういう考え方もあるんだなと思いました。
    最後のアベッチのファールも
    するならシュートを打たせないくらいのファールをするとか。
    ただあの場面でそこまで冷静に判断をするのも難しいかもしれないですね。
    むしろ、全員気のゆるんだ場面でDFにいったアベッチが凄いです。
    そういうバスケIQというかズル賢さも身につけていかないとですね。

    試合後のリーダーの一言。
    「練習通り」
    本当にその通りでした。

    かなり悔しかったです。

    • リーダー より:

      >キープ

      確かにキープという選択肢もあったね。でもOTKさんも言ってた通りあの場面は攻めてよかったと思う。キープしようとするとミスしそうだし。でもあの場面でいろいろな選択肢を考えられるようにならないとね。キープするとか、2点なら決められてもいいんだからファウルしないとか。そういうところも向上させていかないと、強いチームとは戦っていけないな。この悔しい想いは次以降にいかそう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ