佐渡遠征 – 二日目の試合 –

二日目の朝、布団から出て動いてみると体がヤバい。歩くのもきつくて、とてもバスケができるような状態じゃない。風呂に入れば少しはマシになるかも・・朝風呂に入る予定だった私達はさっそく準備をして部屋を出た。

スポンサーリンク

三度目の水攻撃

ちょうどWARAちゃんと陸さんも出てきて一緒に向かうことに。何も言わなくても同じ方向に向かって行動する。HORNETはチームワーク抜群だ。

風呂場の入り口では、いそっちと遭遇。昨日のバスパンとTシャツを着ていた。着たまま寝たらしい。

風呂に入って三度目の水攻撃をくらい、それから朝食へ。淡い期待を抱いていたが、風呂に入っても体の状態は相変わらずだった。筋肉痛というより、関節痛が、特に足首と膝がヤバイ。

いただいた朝食。
朝食

朝食を食べてから全員で旅館のバスに乗り込み会場である新穂中に向かった。

さらばホテル天の川荘。お世話になりました。
入り口のクマ

36点差で敗け

体育館の駐車場に到着。何やら入り口の鍵が空いていない模様。体育館があくまで日陰で休みつつ、出発前に部屋で仕込んできたアレを披露する。

プレゼント。
OTKさんのプレゼント×2

ハッピーバースデーいそっち。ちなみにサプライズパーティーの写真と比べると腹がだいぶ引っ込んでいる。朝うんこしてたしな。

体育館が開き、会場設営が終わったあと、第一試合の我々はアップを始める。が、体が動かなすぎて試合ができるような状態ではない。フットワークやシャトルランで強制的に体を動かそうと試みるが意味無し。

試合開始。出だしは相手のミスに助けられた部分もあり、思ったよりも戦えていた。しかしやはり運動量に大きな差があり、相手に出し抜かれることが多くなってくる。数少ないシュートチャンスがあっても、足の踏ん張りがきかないせいかシュートが決まらない。ミスも多く、前半が終わって9点差でリードされた。

後半はさらに動けなくなり、相手のランプレーで一気に点を取られてしまった。決められても決め返せばついていけるが、決め返すことができない。必殺、得点力不足がここで炸裂。

終盤は相手のスクリーンプレーで簡単に得点を重ねられ、結局36点差で負け。試合後OTKさんが「S-Wishとやっているみたいだった」と言っていたが、まさに同じようなやられ方で負けてしまった。無念。ただ、陸さんとのスクリーンプレーでいい感触があったり、動けないながらもパスでつないだプレーがあったりと、少しはいいプレーも見ることができた。

スポンサーリンク

灰皿のファウルが見えない

負けてしまった私たちは次の試合のオフィシャル。灰皿vs78ERS。審判は私とOTKさん。試合は灰皿の圧勝だったが、審判をしていて一つ気がついたことがあった。それは「灰皿のファウルが見えない」ということ。

ハーフタイムが終わった時にOTKさんと「少し荒れそうだからファウルとか厳しくとっていきましょう」と話し合った。どちらかと言ったら灰皿側のファウルが吹けていなかったので、そこをしっかり吹こうと話し合ったが、その話し合いをしたあとも78ERSのファウルばかり吹いてしまっていた。

「78ERSのファウルばかり吹いてしまうんですよね」とOTKさん。ここで我々は灰皿とのレベルの違いを思い知った。

78ERSのほうのプレーは予測ができていた。だからファウルが起こることも予測できていて、ファウルになったときにすぐに笛を吹くことができた。しかし、灰皿のプレーを我々は予測できていなかった。気を抜いた瞬間にファウルが起こったりするため、すぐさま吹けない。

我々が気を抜く瞬間に、灰皿メンバーは激しいプレーをする。ここにうまい人との決定的な差があるのだ・・。

昼食後はフリーランスと試合

オフィシャルが終わってから昼食。その後は急遽ナイン+ホーネットでフリーランスと試合をすることになった。ナインと合わせてちょうど10人いたので、ITAさん、MASAさん、いそっち、WARAさん、私の5人が1ピリと3ピリ担当で、残りのメンバーが2ピリと4ピリ担当ということになった。

試合の準備をするITAさんの動きがあまりに遅く、WARAさんが「おっっっっっせ!」と突っ込む。「昆虫は暑さに弱い」とITAさん。「寒さにも弱いけど」。

フリーランスはそれぞれの選手の動きが速く、簡単に崩して得点はできなかった。前半はかなり競る展開に。後半の出だしからは「男の速さ」で対抗し、一気に点差をつけて勝負を決めた。しかし体の大きさや動きの速さを抜きにしたら、完全に相手のほうがうまかった。ちなみにトマは体の大きさや動きの速さを抜きにしなくても普通にやられていた。

隣でやっていたオーバードライブ vs 灰皿は非常に見応えのある試合だった。オーバードライブは新しいメンバーが入り前日とは全く別のチームに。そして灰皿もついにエンジンがかかって本気モードに。途中で灰皿関根くんのノーモーションの急加速を見て「手術とかしなくていいんじゃないか?」と思ってしまった。あんな加速されたら誰でも置き去りにされる。

試合は灰皿が余裕の勝利。二日間を通じて灰皿の強さが際立った大会だった。

会場の後片付けも終わり、残るは閉会式。

「チームごとに1列に並んでくださ~い」

各チーム一斉に並び出す。トマ先頭に並び、その後ろにタガが並ぶ。もちろんホーネットは別の列を作ってナインの横にならんだ。

「そっちはチームHISAなんで」

この日の参加チームは全部で7チームだったが、閉会式では8列作られていた。

と、こんな感じで二日目の日程も全て終了。旅館のバスで佐渡汽船へと向かうのであった。

続く。

佐渡遠征関連の記事

佐渡遠征 – 出発編 –
佐渡遠征 – 佐渡汽船編 –
佐渡遠征 – 行きのフェリー編 –
佐渡遠征 – 1日目の試合編 –
佐渡遠征 – 入浴から夕食編 –
佐渡遠征 – 二次会編 –
佐渡遠征 – 番外編その1 –
佐渡遠征 – 番外編その2 –
佐渡遠征 – サプライズパーティー編 –
佐渡遠征 – 二日目の試合 –
佐渡遠征 – 帰りのフェリー編 –

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ