試合の反省その3 誰がボールを持つべきかを考える等

・アドバンテージのある選手にボールをもらわせる
試合になると全員が「俺がボールを持ちたい」となってしまう。しかし、ボールを持たせるべきなのは「アドバンテージが大きい選手」だ。そこで攻めることができればディフェンスは大きく崩れ、チャンスが生まれる。そしてあの試合の場合は両ウイングの選手だった(インサイドが大きかったので。これは相手のよって変わってくる)。

アドバンテージが大きい選手が良い形でボールを持つことができれば、それだけでディフェンスが崩れる。例えば、ウイングの選手がボールを持ったときはドライブを警戒してインサイドのディフェンスが寄ってきたり、寄らなくても意識がそっちに向いたりしていて他の選手が動くチャンスができる。ハイポストへのフラッシュもしやすくなるし、逆サイドでのスクリーンもかかりやすくなる。

キーマンが自分の動きだけで振り切ってボールをもらうのではなく、周りの選手がスクリーンで引っ掛けてあげたりしながらいかに良い形でボールを持たせることができるか。そういうところがチームで共有できなければいけない。相手と対峙したときにすぐに分析して判断するということが全員でできなければいけない。(OTKさんは後半にはできていたように思う)

逆にアドバンテージの持てる選手は、自分がボールを持つ、自分が攻めるということがどういうことなのかを考えなければいけない。得点が期待されることはもちろんだが、それと同時に「周りを活かす」ということもできなければいけない。自分がボールを持つことでディフェンスが寄ってくる、つまり周りの選手があく。そこはパス。そういうことができないとアドバンテージはいかせない。

タイガパス

スポンサーリンク

2 Responses to “試合の反省その3 誰がボールを持つべきかを考える等”

  1. より:

    ホーネットBに、ある199センチのガードの方から、メッセージが届きました!

    「TNG は本当にディフェンスがいいから、この前の私達みたいにならないように気を付けて下さい!あと、シュートも入るチームなのでシュートチェック頑張って!」

    とのこと。

    みんなが応援してます(*^^*)
    頑張ってね!

  2. より:

    Bのみなさん!

    応援にいけませんが、勝利の報告を期待しています!!

    エビは強気で!!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ