月曜はシューティングスターズの助っ人へ

Sリーグの翌日、月曜日はシューティングスターズのナイトリーグの試合の助っ人に行ってきました。場所は黒崎体育館。フロアを見渡すと、前日に横越体育館で見たメンバーがたくさん。コックローチのK上さんと「毎日会いますね~」「ですねー」なんて挨拶をかわしつつ、新潟のバスケ熱はすごいと陸さんと話しました。「このバスケ熱、もっと何かできるはず」と陸さんは怪しいことを考えているようでした。

前日助っ人に来てもらったお返しをしたかったけど、見事に足を引っ張ってしまったワタクシ。全然動けなかったです。他の2日連続でやっている人たちは普通にプレーしていて、こういうところに差があるんだよなぁとしみじみ感じました。

1試合目、NBBCというチームと。動きの速いガード。そしてよくシュートの入るシューター。正月にコスポで一緒にバスケした人も。インサイドでかなりやられたけど、審判のジャッジにも助けられ、この試合は延長線の末1点差で勝利。ちなみに陸さんは試合開始1分で前日の試合と同じミラクルなトラベリングを炸裂させていました。

2試合目はTHUNDERというチームと。この試合は終始余裕がある感じでゲームが進んだので私の足の引っ張りが目立たなくてよかったです。最後はチームの狙い通りのシュートも決めることができて、30点差で勝利。

ジャンプシュート

なかなかハードな2日間だったけど、この2日間の経験でまた少しうまくなれそうな気がします。ただの気のせいかもしれないけど。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ