感じたことを2点

Sリーグに助っ人に来た某ガードからのメール。

疲れたけど楽しかった!
また誘ってくれい(にっこりマーク)

感じたことを2点(手のひらマーク)

1.パスも人も動くバスケを

強いチームはパスも人も動いてるなー。もっとパスをちらして動いていくとチャンスが生まれると思った。技術が高くないとだけど・・・。全然できなかったのを反省。でも、こういうバスケはかっこいい!

2.ハードワーク!

ディフェンスやリバウンドではもっとがんばることも必要では。走ることやしつこさで相手を嫌がらせる。スタミナや選手層に関わってくるけどね。

あと、強力な中の選手がほしいね!ゴリみたいな。みんな基本的に外のプレーヤーだし、シュートもいいからそういう人がいたらもっと生きるのにね。

足をひねるイセ

1について。私もパスで攻めるバスケットがかっこいいと思う。良いバスケットだなって感じる。でも書いてあるとおり、技術が高くないとできない。今回の試合は私たちのほうが相手よりも技術が低くて(バスケットが下手で)、思うようにパスを回せなかった。相手のディフェンスのプレッシャーもきつかった。パスの技術だけじゃない。スクリーンを使うのもそうだし、ドリブルやシュートの技術もそうだし、相手との駆け引きもそう。全体的な技術の底上げをしていかないといけない。うまくならないと駄目だってことだ。ただ普段の練習を、今のようなドリブル中心のバスケットからパス中心のバスケットに変えていくっていうことはできる。できることはやっていこう。

2については、私の場合は完全なスタミナ不足だけど、他の選手に関しては「頑張っていない」ということではないような気がする。ただ、「頑張りどころを間違えている」とは思う。「頑張りどころを知らない」とも言えるかもしれない。「そこをもっと頑張ろう!」と普段の練習からお互いに言い合ったりして、ポイントポイントを意識できるようにしたい。改善の余地はまだまだある。

最後のはイズミに早く身長を伸ばしてもらうしかない。

スポンサーリンク

4 Responses to “感じたことを2点”

  1. NOぶりー@復帰済み より:

    海老ジャンプがあれば大体2mの選手くらいまでなら、互角に戦えるでしょ。

    がんばりどころってどこ?

    • リーダー より:

      マジレスしておくととジャンプ力があっても身長が高い人にはかなわないんですよね。最高到達点が互角でも。背の高い人はちょっと跳べば届くけど、背の低い人はたくさん跳ばないといけない。ちょっとだけしか跳ばない背の高い人は、たくさん跳ぶ背の低い人よりも空中にいる時間が短い。着地が早い。すぐ次のプレーができる。という理由です。

      頑張りどころっていうのは例えば相手がシュートうったあとのディフェンスリバウンドとかですよ。みんなシュートチェックまででディフェンスが終わってるんですよ。その後ボール取るところまで頑張らないと意味ないんですよ。そこが抜けてしまってる。あとは切り替えのときに走るとか。それだけじゃないですけど。

  2. ミズイロイズミ より:

    最近は夏バテ気味で身長が思うように伸びません(゜∇゜)笑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ