今回のSリーグの試合で思ったこといろいろ

他の人のプレーを見ていて思った。股関節は外旋だけではなくて、内旋も重要だということ。そして私は内旋力が弱すぎるということ。それと足首の背屈の角度。私は手首も足首も思うように曲がらない。それが動きが鈍い原因になっている。肘も伸びないし、膝も伸びない。そこらへんもどうにかしないといけない。

動きが大きすぎる。もっと小さい動きでも良いところを、大きく動きすぎている。力んでいるから動きが大きくなっているというのもあるし、大きな動きをしなければいけないと思い込んでいる場合もある。

リングへの意識。相変わらずリングへの意識がなかったので決定率が低かった。

シュート練習

自分以外の人の動きについては、イセのディフェンスとべんぞうさんのシュートが気になった。

イセは「反射的にファウルしてしまう」のが多い。相手が動き出したら自動的にファウルをしてしまう感じだ。そこをどれだけガマンできるか。動き出したあとも頭を働かせ続けられるか(次の動きを予測し続けられるか)。それがポイントだと思う。

べんぞうさんのスリーポイントが、試合で何本かブロックされた。原因は一つ。キャッチしてからリリースまでに時間がかかりすぎているから。相手のほうが背が高い場合は、いつものあのリズムではほとんどシュートはうてないと思ったほうがいい。ジャンプシュートは大丈夫。問題はスリーポイント。動作のリズムを早めたシュートを練習した方がいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ