Sリーグ 第3節結果 その1

日曜日はSリーグの第3クールの試合がありました。結果は2試合とも大差で負け。参加メンバーはべんぞうさん、私、番B、トマ、ぴんご、イセ、とシューティングスターズから陸さん、ワラさん、マツさんの9人。

1つ目の試合はFOBと。スコアはたぶん54-86。運動量・フィジカルで負けていたという印象。終始相手に優位にプレーされ、こちらはきついオフェンスが多かった。苦しいシュートが多く、確率も悪い。こちらはオフェンスリバウンドをほとんど取れないので、最初から最後までシュートが落ちて速攻をくらってという感じだった。

ドライブからジャンプシュート

ディフェンスが張りだしてくるからパスが全然回らない。こういうときこそのスクリーンだけど、スクリーンをかける意識が全くなかった。そしてかけたとしても雑すぎてかからない。結局ディフェンスを振り切れていないギリギリの状態でボールをもらってそこから1対1。ミートで勝負できない1対1は疲れるし、力むから良いプレーにならないことが多い。

いつもなら自分の足だけでマークを振り切ることができるような場面でも、運動量の多い相手だとそれができない。スクリーンをしっかりかけてから攻めたい。攻撃の起点を作る。なんとなくボールを運んでいってなんとなく攻めるのではなくて、スクリーンの形をしっかりつくってからスタートする。

そのためにガードは、スクリーンがしっかりかかるまでボールをキープできなければいけないし、インサイドでは適切な角度でスクリーンをかけて外でボールをもらわせなければいけないし、スクリーンをかけてもらう人はかかるタイミングがくるまで我慢してステイしなければいけない。

スクリーンっぽいことをしていても、だいたい動き出しが早すぎてひっかからない。スクリーンの角度が悪いことも多い。間をおいてスクリーンをつくっても、ガードがボールをキープしきれずにドリブルで攻めていることも多い。「我慢」がポイントかもしれないな。

通用する部分はあった。でも、それが発揮できるような状況を作り出すことができなかった。何が通用するのか、どこで攻めるのか。チームでそういうことを共有して、誰にスクリーンをかければいいのか、どこにボールを動かせばいいのかといったことを考えながらプレーできないときついなと思った。

この試合のスコアリーダーはイセ。この日のイセはシュートが良かった。自分のプレーがある程度通用するというのがわかったんじゃないだろうか。動きの速さは全然負けていなかった。トマもシュートを決めることができたし、全員にとって良い経験になったと思う。

試合の動画は陸さんがYOUTUBEにアップロードしてくれている。トマのスリーポイントもばっちり映っています。

vs FOB 1 vs FOB 2 vs FOB 3

まだまだ下手くそ。頑張らないといけないな。

スポンサーリンク

2 Responses to “Sリーグ 第3節結果 その1”

  1. ときえ より:

    ごめんなさい。
    弟が勝手なことしてました。
    弟ボコッときます。
    弟はまだ学生なので、
    『時間』にしばられながやってます。
    残りの試合も決まってきてるので、
    弟の言いたいことはわかります。

    社会人を見てると当たり強いですね。
    キレイにプレーするのは難しいです。
    フィジカルの部分はなんとかしたい所ですが、
    社会人になると毎日筋トレもままならないですよね。

    • リーダー より:

      弟さんを怒らないでください^^;コメントしていただくのは全然かまいませんので。

      フィジカルの強さは筋トレだけが問題じゃないと思うんですよね。人の体って動かし方によって強くも弱くもなるので、筋トレで筋力をつけるのではなくて、力の発揮できる動き方ができるように動作を工夫していくっていう選択肢もあります。自分が今持っている力を十分に発揮できていない人も多いですから。それ以上を望むのなら、やはり筋トレですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ