練習試合 vs シューティングスターズ

木曜日はシューティングスターズと練習試合をしてきました。課題がたくさん見つかりました。スコアは以下のような感じ。ちなみにスコアはいつもマネージャーが一生懸命記録してくれているので感謝しましょう。みんなでドリンクバーとかおごるといいと思うよ。

偽村川シュート

1Q 11-14
2Q 15-10
3Q 9-19
4Q 24-12

59-55

HORNET PTS 2P 3P FT AST   相手(No.) PTS 2P 3P FT AST
リーダー 21 9 1 0 2   1 4 2 0 0 0
べんぞう 12 5 0 2 0   4 0 0 0 0 0
まもさん 2 1 0 0 0   7 5 2 0 1 0
とうげ 2 1 0 0 0   8 6 3 0 0 0
ヤマザキ 2 1 0 0 0   10 8 3 0 2 0
じょー 20 0 6 2 1   11 26 4 6 0 0
イズミ 0 0 0 0 0   14 2 1 0 0 0
  15 2 1 0 0 0
  34 2 1 0 0 0
合計 59 17 7 4 3   合計 55 17 6 3 0

出だしがかなり浮き足立っていたな。何をそんなに焦っているのか、と自分のチームながら見ていて思ってしまった(笑)動きがバラバラ、というのが見ていた人の感想。確かに動きがバラバラだった気がする。アシストの少なさもそれを表していると思う。

相手にプレッシャーをかけられたときに、冷静に対処できなかったのがよくなかった。それに尽きる。あたられて焦ってしまったあたりがまだまだだよね。経験不足というか。

体が動いていないと思った。相手の先を動くような感じで動けないときつい。相手を追いかけるようになってしまうと負ける。

ついていくディフェンス(反応的なディフェンス)はできても、攻めるディフェンス(予測的なディフェンス)ができない。ついていくディフェンスだと、相手が技術を持っている場合は負ける確率が高い。ついていくディフェンスをしているときは頭が働いていないことが多いから、フェイクにも簡単に引っかかるしね。

ちなみに攻めるディフェンスというのはプレッシャーをかけるディフェンスのことだけど、それはただ前に出ていくということではない。相手の動きを予測しながら相手よりも速く相手が動こうとしている方向に動く。相手が狙っているところに手を伸ばす。そうやって相手の動きにシンクロするディフェンス、それがプレッシャーをかけるディフェンスね。オフェンスの動きを追いかける反応的なディフェンスしかできてない人が多い。

スクリーンがまだまだ下手だ。広がる動き、中に入る動き、広げる動き、中に入れる動き。工夫が必要。焦って早く動きすぎ。控えのチームには何度も言ったが、スタートのメンバーにも同じことが言えるよね。広げるところは広げる。入れるところは入れる。メリハリがないとグチャグチャっとなってしまう。

こんなに入らなかったのは初めてかもしれないとじょーは言っていたが、得点自体は20点(3Pは6本)取っている。ただ確かに、ここで入れば!という場面で落としてしまっていた。20点取っていながら、「不発」という印象があったのはそのせいだろう。

私を含めて、他のメンバーも決定率が低かった。ほしいところでシュートを落としてしまっていた。絶対に取らなければいけない場面で決めきれなかった。練習をつまなければいけない。

外のシュートが落ちたとき、イズミのリバウンドがきいた。今回の試合でもかなりリバウンドを頑張っていた。一本粗末なシュートがあったが、それはチャラにしてやろう。

続きは次の記事で。次の記事 → 練習試合の反省 新しいディフェンスの形

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ