練習試合 vs フライトさん

昨日の練習は峠の後輩のチームと練習試合になりました。
新潟大学の1年生が集まったチームで、できたばかりみたいです。

みんな結構真面目にバスケに取り組んでる感じがして、
好感が持てるチームでした。

1試合分やった結果は81-26。

気になったのは攻め方。

1対1で結構点を取っていたんだけど、
残念ながら全然周りが見えていない。
ドライブからのアシストがほとんどないし。

周りを見ながら1対1ができなければダメだ。

ボールを持ったらただゴールを目指すんじゃなくて、
周りにもっとアンテナを張り巡らしながら、情報を集めまくるんだよ。

それができれば、ヘルプがきた瞬間にパスとかできるし、
1対1がダメだった場合にボールを戻して立て直せる。

みんなダメな場合も無理に最後まで行こうとするから
見ていてハラハラする。

強い相手(でかい相手)にはそのごり押しの攻め方は通用しない。

良いなと思ったのは、ヤマザキくんの素直さ。
ゲーム中に指摘したことを、
その直後に素直に実行しようとする姿勢がすばらしいと思った。

素直な人間は伸びる(しっかり指導できる人がいれば)。

まだまだ、スラムダンクの牧に「若い」と
言われてしまいそうなプレーが多いので、
それがなくなってきたらスタメンになれる。

私個人のことを書くと、昨日は非常に体が軽かったので
始まるときに「今日は50点取る」と宣言してみた。

本当にそのくらい取れたようです。
決定率はかなり高かったので上等な結果でしょう。

フリーになることが多くて、
まもさんからアシストがたくさんもらえた。
ありがとー。

たまにびっくりするくらい体が軽くて
シュートもすげー入る日があるんだけど、
最近ようやく「なんでそうなるのか」がわかってきた気がする。

まぁ誰でも調子のいい日悪い日ってのはあると思うけど、
私は単なる調子の良し悪しで終わらせたくなくて、
いつでも調子の良い日を再現できるようにしたいと
考えているんだよね。

だからずっと調子を左右する要因を探っていた。
そのヒントが見つかった気がする。
これは非常に嬉しい。

試合前のシューティングを撮った動画の中に、
遅れてきた相手チームの選手が着替え中に話している
声が入っているものがあった。

A「あれうめーな」
B「オレンジ、オレンジのやつ?」
A「うん、みるからにうまそうだ」

わかる、わかるぞ!
うまい人は雰囲気があるというかオーラが出てるよね。
プレーを見なくてもうまい人はうまいってわかる。

その会話のとき、うちのメンバーで来ていたのはこの4人だけ。オレンジは・・・。
うまいオーラ

ついにオーラが出るようになってきたか(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ