練習試合 vs PURPLE HAZE

日曜日はPURPLE HAZE(パープルヘイズ)さんと練習試合をしました。1試合通しでやって、その後に10分を3クォーター分。普段なかなかプレイタイムをもらえない人たちもたくさん出れたので良い練習になりました。最初の1試合分のスコアは以下のとおり。

vs PURPLE HAZE 87-61

HORNET PTS 2P 3P FT AST   相手(No.) PTS 2P 3P FT AST
リーダー 16 3 2 4 3   3 0 0 0 0 0
べんぞう 6 3 0 0 6   5 8 4 0 0 1
偽村川 5 1 1 0 0   9 3 0 1 0 1
とうげ 8 3 0 2 0   11 10 4 0 2 1
まもさん 22 8 2 0 0   12 0 0 0 0 0
じょー 14 1 4 0 1   13 9 4 0 1 0
ビンス 0 0 0 0 0   21 0 0 0 0 1
イセ 2 1 0 0 0   24 0 0 0 0 0
イズミ 8 4 0 0 1   33 31 11 3 0 1
トマ 0 0 0 0 0  
BNG 6 3 0 0 0  
合計 87 27 9 6 11   合計 61 23 4 3 5

第1ピリオドと第3ピリオドでスタートのメンバー、第2ピリオドと第4ピリオドは控え中心のメンバーで。気になったのは切り替えの遅さ。相手はシュートを決められたあとの攻めが早かった。狙いどころがわかっている。うちはシュートを決めて、そこで満足している。だからディフェンスの準備が遅い。決めたその瞬間からディフェンスが始まるのに。

オフェンスへの切り替えも遅い。相手がすでに戻って準備してしまっているところを攻めることが多かった。決められたあとにボール出すのが遅いんだよね。相手のチームを見習わないと。

試合後の反省会@ステーキワンでべんぞうさんとも話したけど、コート上の5人全員が切り替えを早くする意識を持たないと、これは改善できないんだよね。私とべんぞうさんが早いタイミングで攻めようとしていても他のメンバーがゆっくり動いていたら速攻は出せないわけだし、ディフェンスも全員が準備できている状態じゃないとローテーションがうまくいかなくなる。

切り替えが遅いのは「次の目的」を意識できていないからだよ。決めてそこで終わり。決められてそこで終わり。「次」がない。決めたら次は相手が攻める準備をする前にマークマンをつかまえる。決められたら次はすぐにボールを入れて相手が準備できていない早いタイミングで攻める。それが全員で共有できないといけない。

スリーポイントシュート

あとは攻め方だな。まもさんのスティールからの単独速攻や、じょーのスリーポイントは良かったとして、セットオフェンスになったときの攻め方。ドリブル使いすぎなんだよね。できればドリブルを使わずに攻める。使って1回か2回。そのくらいにしないといけないなと思った。

あとね、パスのタイミングが早すぎるってのもある。ノーマークがいたら反射的にパスを出してしまう。ボールを持っている人が周りを見て、「あ、ノーマークがいた!」と思った瞬間にパスを出している。そのタイミングっていうのは、ディフェンスも同じように「あ!自分のマークマンがノーマークの状態だ!」って気づくタイミングなんだよね。そこでパスしてもディフェンスはずれないでしょ。

だからあえて待つ。ノーマークの人のディフェンスが「こっちにはパス来ないな」と思う瞬間を作る。自分が攻めるふりをしてもいいし、他の方向を向くだけでもいい。ディフェンスの意識をマークマン(ノーマークの人)から引き離して自分に向けさせる。その瞬間にパス。こういうことをするとディフェンスがずれる。マークマンから意識が離れるタイミングでパスを出されるとディフェンスは反応が遅れるんだよね。

文章にすると長いけど、実際は0コンマ何秒のタイミングでこれをする。当然スキルは必要になってくる。相手より速く動ける必要もある。うちは小さいから相手より速く動けないと勝ち目はない。でもみんなちょっと練習すればできると思うんだよね。もう一人これができる人がいれば全く違ったチームに生まれ変われるな。

続きは次の記事で → パープルヘイズとの練習試合の反省2

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ