久しぶりにバスケットができたという感覚!ジョウのうまさ

さすがに足はまだ治らない。3回踏ん張ると終わる。でも、だいぶ動けるようにはなってきた。昨日の感じから言っても、やっぱり市民戦は出るべきではなかった。みんなに申し訳ないことをしてしまったと反省しています。

スポンサーリンク

昨日の練習試合。久しぶりに「バスケットができた」という感覚があった。ジョウがうまくつないでくれたからだ。城島に似てるからジョウ。確かに似ている。よく見えている(見るべきところを見ている)し、シュートはとても良い。そしてパスがいい。動作に無駄が無いし、タイミングもよくわかっている。ディフェンスの動きが後手になるパスが出せる。ディフェンスでも狙いどころがよくわかっている。ジョウの技術はかなり質が高い。

ジョウの存在をきっかけに、チーム内に「危機感」のようなものが生まれてほしい。ただし、ただ「もっと頑張る」と思うだけではなくて「あいつに比べて俺はここが劣っている。だからそこを改善して追いつこう」的な発想をしてほしい。今あるもので勝負するのではなく、今自分が持っていないもの、自分に足りないものを新しく身につけるのだ。

スポンサーリンク

あいつができて俺にはできない、なんていうのは存在しない(と思いたい)。同じ人間。身体能力の差はあっても、体の仕組みは全員同じ。だから、例えばジャンプしたときにリングには届くようにならないかもしれないけど、ジャンプの速さは磨いていくことができる。「動きの質」を高めるチャンスは誰にでもあって、それが達成できると「うまくなった」ということになる。

うちには身体能力的な特徴をもった選手が何人かいるが、技術レベルは決して高いとは言えない。だから本当にうまい人たちとやると勝てない。能力でどうにかするのではなくて、能力は封印した上で「うまさ」を磨いていく。私も最近そういう感じで練習してます(足が痛くて思い切り動けないってのも大きいけど)。明日からも頑張っていこう。

追伸
私をはじめ、みんなはソンさんの練習参加を心から待ち望んでいます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ