昨日は急遽練習試合!より確実なプレーが選択できるように

昨日の練習は急遽練習試合になった。でも、みんなには連絡しなかった。それが失敗だった。相手は6時45分くらいに体育館に到着していた。でも、うちは7時5分になっても4人しか来ない。どういうことなんだ、これは。15分くらいに5人目が来たが、その5人目は別のチームの人という・・・。

スポンサーリンク

試合は結果的に勝つことができた。でも、相変わらずミスの多い試合だった。もったいないミスがなければ、もっと点差を広げて、余裕を持って勝つことができたと思う。ミスを無くすということを共通の意識として持たなければいけない。

あとはシュート精度が低い。もっと確率の高いシュートをうっていかなければいけない。これは個人としての話ではなくて、チームとしての話。そのときその瞬間で、もっとも確率が高いシュートがうてるような選手にパスをしてシュートをうたせる。そういうことを考えながらプレーできるようにしなければいけない。

すごいプレーでなくていい。より確実なプレー。その確実なプレーが1対1なら1対1で攻めてもいいし、1対1よりももっと確実なプレーがあるなら、そのプレーを選択できるようになりたい。とにかく大事なのは確実性。確実なプレーができない選手は、怖くて試合に出すことができない。

スポンサーリンク

こちらはガルシアのナイスプレー。バックチェンジで見事にかわしたが、それに満足してしまったのかこのあと気を抜いて後ろからカットされる。きっと今までこんなプレーをしたことがなかったから、若干の興奮状態に陥って思考が停止したんだろう。気持ちはよくわかる。

ガルシアはだいぶ流れが読めるようになってきたと感じる。ノーマークでボールを受け取ったとしても変なタイミングだったらシュートをうたないし、他の味方がパスを出したそうにしていることを察知してボールをもらいにいく動きもできる。素晴らしい。

あとは自分で仕掛けてディフェンスを崩すという積極性が出てくると、もっと良くなると思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ