声をだすタイミング

どうも、リーダーです。先日の試合で「声をだすタイミング」について話しました。「声を出せ」とはよく言われるので、なんとなく「声をだすことが大事なんだろうな」とはみんな思っていると思いますが、そのタイミングまでは言及されることが少ないです。声は出すタイミングによっては意味が無いどころか、逆に状況を悪くしてしまうことすらあります。何も考えずに声を出せばいいというものではないんです。

例えば、スクリーンをかけられた時のディフェンスの受け渡しについての連絡。スイッチするのかファイトオーバーなのか声で連絡することになりますが、それを「いつするのか」というのが問題。スクリーンをかけられて引っかかってしまったあとに「スイッチ!」と叫んでももう遅いわけです。その連絡の声で反応して対応しようとしても絶対に間に合いません。

声をかけるなら、引っかかる前に「引っかかったらスイッチ」などと連絡するべきです(スクリーンの場合はかかるかかからないかをスクリナーをマークしているディフェンスがしっかり観察しておき、連絡がなくても対応できるようにしなければいけない)。

スクリーンを教える声の場合。自分のマークマンがスクリーンをセットしてから「左スクリーン!」などと教えても遅いです。スクリーンをセットされたときというのは、自分のマークマンが動こうとしている時です。そのタイミングで言われると、一瞬スクリーンに気を取られたスキに自分のマークマンにカットインされてしまいます。もっと早いタイミング、スクリーンを「かけにいこうとしている」タイミングで連絡があれば、自分のマークマンが攻めようとしてくる瞬間は集中して守ることができます。

あとはついつい言ってしまうのが「ハイハイ」とボールを要求する声。出さなくてすむのなら出さないほうがいいし、出すのであればかなり早いタイミングで、声による影響が少ない状況(声を出してもディフェンスが反応しない状況)でやらなければいけません。この声はかなり高い確率でミスプレイにつながっています(声を聞いた味方が慌ててパスを出そうとするため、状況判断が不十分なパスが出てくる→カットされる・変な方向にパスが出る)。

あっこちゃん

また、声を出すタイミングはそのままその選手の切り替えの早さ、切り替えのタイミングを表していると思います。タイミングという角度からも考えていけるといいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ