接触でごまかさない

どうも、リーダーです。今日も北陸選手権の反省。あの試合はいろいろと気づいたことがありました。

審判のレベルも高かったので、いつも私たちがやってるような「接触でごまかすディフェンス」は全てファウルになりました。手や腰がひっかかったりすると即ファウルコールです。

スライドステップ、またはクロスステップ中の接触もかなり取られた印象がありました。少しでも遅れて接触するとファウル(そういうファウルはひっかかりながらもオフェンスがすり抜けてバスケットカウントになっていた)。ただし、ディフェンスがオフェンスの動きを完全に予測していて、きちんとコースに入りきっているような場合の接触は、当然ですが笛はなりませんでした。

プレーの精度を高めなければいけません。普段の練習でのディフェンスはごまかしが多いと感じます。接触で運動量の少なさ(動きの遅れ)をごまかしてるんだよね。このままだとうまくなりません。

特にインサイドの選手は外の選手以上に1対1でやられていました。機動力に致命的な差があるというか。少しもついていけなくて、スルッとやられる感じ。かなり大きな差があります。相手のほうが大きいのに、相手のほうが運動量が多かったら勝ち目はないですよね。

豊富な運動量、そして駆け引きで勝つ。それができて初めて大きい人とは「対等に戦えるかどうか」という感じだと思います。外の選手も中の選手も、運動量豊富なディフェンスができるようになりたいですね。

※運動量が豊富というのはただ単に走り回るとかそういうことではなくて、動くべきときにしっかりと足が動くことを意味します。

空中に浮くOTKさん

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ