ディフェンスのフェイク

どうも。ソフトバンク孫正義シャチョーの話に影響されて龍馬伝を見ているリーダーです。福山雅治の龍馬がかっこよすぎる。乙女ねえやん最強すぎる。弥太郎面白すぎる。

ちなみに孫しゃちょーの話はYoutubeで見れます。孫正義LIVE。男なら見とけ。魂ゆさぶられるぜー。

みさきとイズミ
「イズミ」が前回から新しく練習に来てくれています。頭を使ったディフェンスができるところがナイス。みんなは頭がはたらいてなくて、見たものにそのまま反応してるからなー。

昨日の練習で思ったこと。ディフェンスは「相手のミスを誘う」ためにするものなんだ。

だから、もっと「ディフェンスから仕掛ける」ような部分があってもいいと思う。オフェンスをゆさぶるために。それは手を出すってことだけじゃなくて、間合いをつめるふりをしてみたり、相手のフェイクにひっかかったふりをしてみたりという感じで。

「ディフェンス側がフェイクをする」ってことをしてほしい。オフェンスはフェイクをすることでディフェンスを自分の思っているように動かそうとするよね。それをディフェンスでもやってみてほしい。こちら側からしかけることで相手の動きを読みやすくなる部分があるからね。

ディフェンスの読みがあたるとオフェンスは強烈なプレッシャーを感じる。オフェンスはプレッシャーを受けるとミスをしやすくなる。それを狙う。

うちは小さいから受身のディフェンスじゃダメなんだよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ