あれから一ヶ月がたって何が変わったのか

すげーつかれたという記事を書いてから一ヶ月が経ちました。一ヶ月後にはきっと何かが変わってるはず!と書いてますが、どうでしょうか。何か変わったでしょうか、ワタシ。

実際に変わったかどうかの判断はみなさんにゆだねるとして、私自身の感覚の話をしようと思います。感覚はですね、一ヶ月前のあのときと比べてかなり変化しています。

特にディフェンス。あのときは無理やり動いていました。激しく動いていたけど、力みまくりですぐ疲れていました。でも、今は力まなくてもあの時と同じレベルの動きができるようになってきています。あの時ほど疲れもしないです。

力みがなくなったことで、すばやく反応できるようにもなりました。動き出しが早まったことで、カバーディフェンスも積極的にできるようになってきました(これはみっちやOTKさんの動きを参考にしまくっています)。また、無駄な動きが減り、狙いどころを定めてプレッシャーをかけにいけるようになってきました。

もちろん、まだ完璧にできるわけではありません。「練習しはじめ」の段階です。ようやくディフェンスのやり方が分かった感じです。過去に散々教えてもらったはずなのに、全然わかっていなかったです。

という感じで、自分の中では大きな変化のあった1ヶ月でした。

ディフェンスの様子

みなさんはどうでしょうか。一ヶ月前の自分と比べて、今の自分は何か変わっているでしょうか。バスケを上達させることを考える場合、一定期間で区切ってその間で自分がどう成長したかを評価しなければいけません。今回私は一ヶ月で区切りましたが、3ヶ月でも半年でもいいです。もちろん2週間とか1週間という短いスパンでもいいです。

うーんと、今考えてみましたが、週に1回の練習をしているなら3ヶ月、週に2回なら2ヶ月、週に3回なら1ヶ月というスパンで区切るくらいが妥当だと思います。(これはそのまま「上達するために必要な期間」を表していると言えるかもしれない。週3の練習なら1ヶ月でも変わる。でも週1の練習だと2~3ヶ月経過しないと大きな変化が見られない。もちろん個人差はある)

ということで、どうでしょう。振り返ってみたときに、何も変化していなかったらヤバイです。その場合は今の練習方法を改め、どういう練習をすれば上達していけるのか考えていく必要がありますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ