切り替えの遅さが気になって夜も眠れない

切り替えが遅い。オフェンスが終わってディフェンスに切り替えるのが遅い。ディフェンスが終わってオフェンスに切り替えるのが遅い。夜も眠れない。

じょーの単独速攻

夜も眠れないのはウソですけど、切り替えが遅いのは残念ながら事実です。火曜の練習ではディフェンスへの切り替えの遅さが特に気になった。じょーが何度ドリブルで単独速攻したか。みんなじょーのことを「速い」と言っていましたが、違いますよ。遅いんですよ。切り替えが。(じょーのスピードは速いけどね)

シュートを決めて満足したのか、ボールに背中を向けてゆっくりバックコートに戻っていく。当然狙われますよ。その瞬間は。ディフェンスの準備できてないから動きの速い選手だとかき回されてシュート決められるね。

オフェンスはそういうタイミングを狙ってくるってことを頭に入れておかないと。そういうことを全然考えてないから切り替えが遅くなる。ディフェンスへの切り替えでそういうことを考えることができていないってことは、オフェンスへの切り替えでも同じようなこと(ディフェンスが準備できていないタイミングで攻めるということ)を考えることができてないってことだな。

見てるのに捕まえようとしないのが気になったね。見てるけど守る気が無いというか。「捕まえる」っていうとオフェンスに近づいて守ることをイメージするかもしれないけどそうじゃない。遠く離れていてもね、守る気があったら守る気があるように見えるんですよ。そういう姿勢を見せるとオフェンスだって簡単には攻められなくなるんです。それが「捕まえる」ってこと。できてないね。

次の練習ではもっと声を出して意識してやってみたいです。

スポンサーリンク

2 Responses to “切り替えの遅さが気になって夜も眠れない”

  1. 火曜日は足を引っ張りまくりで、すいませんでした(泣)
    今でも情けなくて悔しくて、頭がおかしくなりそうです。

    しかし、ダメな所を今日からまた練習して、リーダーさんに夜ぐっすり寝てもらえるように頑張ります!!!

    • リーダー より:

      いえいえ、気にしないでください。いや、こんな記事書いておいて気にしないでくださいはないか(笑)夜は大抵ぐっすり寝てるので大丈夫です。でも、みんながうまくなったらもっと快眠できるかもしれません!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ