カバーとローテーション

OTKさんが14の質問に対する答えでいいことを言っていたが、誰かあれを意識してこの間の練習プレイしていただろうか。まぁ誰も意識してないのをわかってて書いてるけど(笑)そのいいことってのは「ヘルプディフェンス&ローテーションをもっと頑張ろう」ってやつだ。

OTKさんヘルプ

自分のマークマンについていくことに必死になりすぎている感じがする。それでスペースを埋めること(ヘルプにいけるポジションにいくこと)をおこたったり、他のディフェンスが攻められているのをぼーっと眺めているだけでヘルプにいかなかったり。

OTKさんが言ってるじゃないか。「『みんなで守る』という意識だけでもだいぶ変わります。」と。ウソでもいいから「カバーOKだから抜かせろ」と声を出してみよう。マジでウソでもいい。言ってみて。変なポジションでそういう声出すと「あ、ここからじゃカバーいけないな」ってわかるから。そんでカバーにいくためにはどこにいなきゃいけないかっていうのが自然とわかるから。

あとは思い切りはさみに行ってみるっていうのも意識したいな。私を含めてみんな動き出しが遅いと思うから、結構早めに動き出したほうがいいと思う。「ヘルプに行く」っていうよりは、「はさみにいく」「こちらからしかける」っていう感じで。

そして誰かがヘルプに出たらローテーションしてみよう。当然うまくできるわけなんかない。でも、失敗したっていい。練習なんだから。やってみて初めてわかることもたくさんあるし。よくわからんかったら教えるから。OTKさんが。

スポンサーリンク

2 Responses to “カバーとローテーション”

  1. OTK より:

    か、かぶせてきますね・・・(・ω・`)
    でも、パスもディフェンスもリーダーさんに聞いたほうが、
    分かりやすく、的確に教えてくれると思います。
    私は理解が浅いので教えられません・・・。すみません。。

    それに中へのプレイに一生懸命ですので・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ