抜かれちゃってください

あるチームの練習に行ったときにいつも思うこと。そこのチームの一人が、ディフェンスのときに3線のポジションをとりながら1線のディフェンスに対して「カバー行くんで抜かれちゃってください」と声を出しているんです。

この声をかけられたときの安心感がヤバイんですよ。後ろに味方がいるってすげー安心する。背中から味方が支えてくれているような感覚。この安心感があると思い切ってディフェンスができる。

同じことをやりたいなーと思って、最近はヘルプに行くポジションにいるときは「カバーオッケー」と声を出すようにしています。これはね、いいですよ。ただボールに寄っているだけじゃなくて、声に出すことで本気でヘルプに行こうと思えるから。今のディフェンスを見ていると寄っててもヘルプに行けていない場面が多いけど、そういうのが減らせるんじゃないだろうか。みんなでやるようにしたほうがいいと思う。

ビハインドザバックパス

声の出し方って奥が深いなと思った。声のかけかた一つで味方の心理状態が大きく変わったりする。声を出すって、ただ連絡することが目的なんじゃないね。気持ちを盛り上げたり、安心感を与えたり、もちろん連絡もそうだけど。黙ってやるより断然楽しいし。あ、でも相手に不快感を与える声の出し方もある。そういうのはしたくないね。

声の出し方も「練習」することによって質(影響力)が高まると思いますよ。「ナイッシュー」とか「ナイスパス」じゃない声の出し方も考えてみるといい。最近は人を気持よくさせる声の出し方をしている人が何人か出てきているので、声を出すことが苦手な人はそういう人たちの真似をしてみるといいかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ