スライドかどうか瞬時に判断する

スクリーンに対するディフェンスについて。練習中、自分のマークマンがスクリーンに行ったときに、無条件で「スライドスライド!」と言っているような場面が結構あります。スクリーンに行ったことを教えるのと同じような意味で「スライドスライド」と言っていたりする。

スライドなのかスイッチなのかは、そのスクリーンがかけられてディフェンスがひっかかるかどうかを見てから決めなければいけない。それなのにスクリーンがかけられる前に「スライドスライド」と言ってしまうことに違和感を感じるんですよ。

「スライド」と決めてかかることで「見て判断する」ということを放棄してはいないだろうか。瞬時に状況を判断し、即対応するということから逃げてはいないだろうか。なんかそんな感じがするんだよね。気のせいかもしれないけど。いや、たぶん気のせいじゃないと思うんだけど。

スライドと決めてかかるほうが考えることが少ないぶん単純に動けるかもしれない。そのほうが面倒くさくないかもしれない。でも、そういうことをやっているとバスケがうまくならない。そこで「瞬時の判断」をしていないということは、他のプレーにも悪い影響を与えてると思うよ。全部つながってるから。

ちなみにファイトオーバーが必要ないとか、またはオールスイッチにしろとか言っているわけではない。「初めからスライドって決め付けないで、状況を見て瞬間的に判断してスイッチかスライドか決めようよ」ってこと。最初は瞬間的に判断できないかもしれない。でもこれは慣れだと思うよ。ひっかかるかひっかからないかはスクリーンをかけられたディフェンスの状態がよく見えていればわかるし。

壁にはりついた

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ