手段を目的にしてしまってはいけない

先日1-2-2のゾーンプレスを教えたときの話。第一印象は「全然プレスされていない」でした。簡単にパスが通って簡単にボールが運べる。あれじゃー急いで形を作るときに疲れて、そして簡単に突破されたときに一生懸命戻って疲れてという感じで、自分で自分たちの体力を削ってしまっている。やらないほうがマシというのはまさにこのこと。

プレスの準備をするのが遅いなと思った。そして相手の動きに対応するのも遅い。シュートを決めた。よし、プレスだ!と「定位置」につこうとしてそこを目がけて走っていく。まずこれが間違い。

みっちスリー

1-2-2に限らず、全てのゾーンプレス、ゾーンディフェンスの形は、オフェンスの位置を「想定」して形を作っています。「ここにオフェンスがいるだろう」という仮定のもと、形があるわけです。

では、オフェンスが「想定外」の位置にいたとしたらどうでしょう。当然、ディフェンスも形を変えなければいけなくなります。1-2-2の真ん中の2の間の位置にオフェンスがいたら、定位置につくことよりも、そのオフェンスをつかまえることを優先しなければいけません(真ん中の2の片方が中央に寄るとかね)。真ん中の2と後ろの2の間にオフェンスがいたら、そこに対応できるような形にならなければいけません(後ろの2の片方が寄るとかね)。

形にこだわりすぎてはいけないということです。大切なのは形ではなく、相手にプレッシャーをかけてミスを誘うことです。形式的に「ゾーンプレスを取り入れよう」と言ってしまうから、形を作ることばかりを優先してしまい、本来の目的を忘れてしまうんです。するとオフェンスに全然プレッシャーのかからない、自分たちが疲れるだけのゾーンプレスが完成します。完成度の低いゾーンプレスだと相手は嫌がるどころか喜びます。

考えなきゃいけないです。とりあえずゾーンプレスをやればいいんだろ的なのはダメ。「ゾーンプレスをやれば相手が嫌がる」という思考ではなく、「相手を嫌がらせる一つの手段としてゾーンプレスがある」という考え方をしなければいけない。「ゾーンプレスをやる」ことが目的なのではなく、「相手にプレッシャーをかけること」が目的。ゾーンプレスはその手段でしかありません。だから「しっかりと形を作ろう!」ということばかり意識していてもしかたがないということです。

スポンサーリンク

2 Responses to “手段を目的にしてしまってはいけない”

  1. KenT より:

    話題とは違いますが、ゾーンつながりで。
    「ゾーンのようなマンツー、マンツーのようなゾーン」
    がいいイメージのディフェンスだと聞いたことがあります。
    一概に言えないと思いますが…
    どう思います?

    • リーダー より:

      確かに一概には言えないけど、
      「ゾーンのようなマンツー、マンツーのようなゾーン」が
      どういうものを意味しているのかはわかる気がする。

      例えばスクリーンに対する対応のしかたとかじゃないかな。
      オールスイッチではないけど、ひっかかりそうなら積極的にスイッチしたり、
      スクリーンがなくてもディフェンスの位置によってはマークマンを交換したり。
      ヘッジがそういうディフェンスやってると思う。

      ただしこれをやるには全員がディフェンスというものをよく理解している必要がある。
      現時点のホーネットではまだできないな。
      理解が足りない、視野が狭いといった問題があるから。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ