スクリーンアウト

スクリーンアウト。ブロックアウトやボックスアウトとも言われる。リバウンドを取るために必要な技術。特に小さい選手にとっては重要な技術。

これが本当にできていない。オフェンスがシュートをうったときにそれを見上げながらリングに近づいていく。それが非常にアホっぽいのです。頭がまったく働いていない。まるで餌を見つけた動物のように感じる。いや、動物のほうがもっと慎重に近寄るわ。

ピボットの練習

オフェンスがシュートをうったらリングに近寄るのとは逆の動きをしなきゃいけない。自分のマークマンがシュートをうったときでも、それ以外のオフェンスがシュートをうったときでも同じ。特に自分のマークマンじゃない人がシュートをうったときのスクリーンアウトができていないと感じる。

背が高いなら別にいい。スクリーンアウトなんてせず、リングに近づけばいいと思う。相手をおさえることよりも先にとびついたほうがいいから。でも背が低い人は飛びつく前におさえなきゃいけない。おさえるだけじゃなくて、押し出さなきゃいけない。そうしないとリバウンドが取れない。

練習ではイズミがリバウンドを結構とるけど、それはイズミがすごいんじゃなくて、ディフェンスがスクリーンアウトをさぼっているからなんだよ。そこを狙っているイズミにもうまさはあるけど、スクリーンアウトをしっかりやれば半分くらいは抑えられるよ。

大切なのは、「相手がリバウンドを取りに行く意思を持っていなくてもスクリーンアウトをする」ということじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ