一ヶ月ぶりに見たホーネット

日曜の練習にはやっさんが一ヶ月ぶりに参加してくれました。やっさんのありがたいお言葉。

西川中学校に行けたのは1か月ぶりくらいかな
全然違うチームになっとる!!ってくらいの衝撃でした。
最後の方はみんな疲れた為かいつも通りな感じになってましたけど
ジョーの相変わらず上手な人の外し方(としか表現できない)はすごいなーと

たった一ヶ月でも変わることはできる。こういう変化は常に求めていきたいよね。新しいことに挑戦していく姿勢でいないと上の住人たちには追いつけないよな。

やっさんのナイスディフェンス

日曜の練習でも気になったことがいくつか。まず、もっとファウルやバイオレーションを指摘しよう。もっとシビアに判定しよう。

なんか曖昧な感じで「なんとなくファウルじゃね?」となると雰囲気が一気にダラッとなる。もっとはっきりと指摘できるようにしないといけない。ファウルならファウルと、トラベリングならトラベリングとはっきり言えるようにしないといけない。全員がね。

それと同時にプレーヤーとしてはファウルやバイオレーションをなくしていくという意識も持たないといけない。試合では笛が鳴っていないならプレーを止める必要はない。でも練習中はできるだけファウルをしないように止める、バイオレーションをしないようにプレーするという意識を持ってほしい。ファウルで止めるよりファウルなしで止めたほうがいいんだから。試合でもいらないファウルが多いと感じる。荒いんだよね。もっと質の高い動きができるようにしないといけない。

ゲームはスタート組と控え組にわかれてやったけど、スタート組の決定率が低かったために速攻を出されて思うような試合展開にならなかった。シュートを落として速攻出されてディフェンスがそれを追いかける感じになる。ディフェンスで攻めたかったのに、逆になってしまった。

「鉄板プレー」みたいなものを作れるといいよね。できればリングに近い位置でシュートをうちたいけど、たぶんゴール下まで入るのは難しくなるからミドルシュートかな。スクリーンをうまく使って引っ掛けながらうてるといいと思う。

しかしヤマザキは体がきれていたな。一人で守りきれないときにどう対応するか。そういうところも考えていかないといけない。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ