ガルシアのもじもじディフェンスの素晴らしさ

先日の練習日、スーパー「いちまん」の駐車場で財布を落としたリーダーです。落としていたことに気づかず普通に練習に行っていましたが、練習中に実家経由で警察から連絡があり、交番に届けられていると伝えられました。そこで初めて財布を落としたことを知り、練習後交番に直行。親切な人が届けてくれていて、中に入っていた諭吉さんも無事でした。ホント、ありがたかったです。届けてくれた人の連絡先を聞いたんだけど、告げずに帰ったらしい。なんてステキな人なんだ!

スポンサーリンク

ガルシアのもじもじディフェンス

前回の練習でとった写真を整理していたら、この写真が目にとまりました。

ガルシアディフェンス

ガルシア@モジモジ君のディフェンスは写真でも見てもすばらしいです。何が素晴らしいって、この背中がスッと起きて股関節がガッツリ開いた姿勢です。この右手でいつもカットを狙っているあたりがエロいです。今度からエースガードにつかせようと思います。

スポンサーリンク

背中が丸々ときつくなる

奥にチラッと映っている赤頭さんは背中が丸まってます。写ってないけどたぶん膝も外に開かずにまっすぐ前を向いていると思います。こういう姿勢になってしまうと、ゆっくりスライドステップするのもかなりしんどくなります。腰が丸まっているので浮きやすくなるし、視野も狭まります。

例えば逆サイドからパスが飛んできてカットを狙わなければいけないってときに、一旦体を起こして、それからボールを見てっていう作業が必要になります。すると僅かに反応が遅れてしまって、その僅かな遅れを取り戻そうとしてめちゃくちゃ力んで動いてしまい、その結果めちゃくちゃ疲れてしまうという。

私もずっとそういう感じで動いていたのですが、それに気づいてからはディフェンスで無駄に疲れることがなくなったように思います。以前は他に何もできなくなってしまうくらい、たった1回のディフェンスでもヘトヘトになっていましたからね。試合は40分間あるというのに、たった1回のディフェンスで動けなくなるとか・・ホント使え無さ過ぎです。

赤頭さんも足の動かし方とかはとりあえず置いといて、体を起こして視野を広く保つということを意識してみるといいかもしれませんね。普通にたった状態の視野(視野というよりも「見ている感じ」)を維持したまま、ディフェンスのステップをすると。慣れたらオフェンスよりも重心が低くなるように姿勢を作ってみると、そんな感じがいいかもしれません。

その他連絡など

サークル費を徴収します。今のところ1万円の赤字(亀田カップ参加費4000円+市民戦登録料6000円)ですのでよろしくお願いします。今月は一人500円以上です。べんぞうさんやビンスがいつも男気を見せてくれていて助かっています。来月からも定期的に徴収しますので、よろしくお願いします。

メンバー専用ページのシュート編が完成しています。そちらもチェックしておいてください。そして、感想を聞かせてください。もっとこういうことが知りたいってのがあったら、それも教えてください。そんじゃ、こんなところで。

スポンサーリンク

3 Responses to “ガルシアのもじもじディフェンスの素晴らしさ”

  1. ひげ より:

    なんとなくリーダーの講義を読んだけど,いいと思うよ。
    どこがどうっていう具体例はないけど,
    参考にして練習したらいいんじゃないかと思った。
    普段意識せずにシュート打って,そんでほとんど入ってないから,
    次からちょっと意識するようにしようかな~,と思います。
    あと,峠が写真に出ててわろた。

  2. ガルシア より:

    どうも、上の写真を保存したモジモジです。
    ディフェンス編読みました。意識することが大事なんだと今更実感した次第です。次にフットワークやるときが楽しみです。

  3. admin より:

    >ひげ&ガル
    ひげ監督から感想のコメントがもらえるなんて、ありがたき幸せ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ