ディフェンスからオフェンスが生まれる by 朝シャンの魔術師

今回は朝シャンの魔術師に練習日誌を書いてもらいました。朝シャンの魔術師っていうハンドルネーム、やばくね!?もはや誰かわからないし。でもまぁ彼も彼なりにいろいろ考えてプレーしていると感じているので、そのあたりについて読めると思います。では、どうぞ。

スポンサーリンク

いっせん、にせん、さんせんのディフェンス

練習日誌でどんな内容を書いていいのかわからないので、とりあえず練習で感じたことについて書こうと思います!まずはディフェンス面から。

ホーネットは、マンツーマンを軸にしているので、いっせん、にせん、さんせんをもう少ししっかりした方がいいと思います。そうすれば、抜かれた時とかにすぐカバーにもいけて、もっと思いきって積極的なディフェンスができます。

それと、カバーの声やスイッチ、スライドの声をちゃんと出して、コート内のコミュニケーションをもっととらないとバラバラのディフェンスになってしまいます。あと、セーフティーを何人か決めて、それ以外の人はみんなリバウンドに飛び込むようにすればもっとよくなるかと思います。

00

ディフェンスからオフェンスが生まれる

次にオフェンス面です。ただやみくもに動き回ってもしかたがないので、ボールのないところのスクリーンを上手く使った方がいいと思います。そしてもっと周りを見ましょう。ボールを持って狙えるときは狙いましょう。もっとアグレッシブに行けばオフェンス力も向上して行けると思います。

それにまけずに相手のディフェンスも頑張らないとオフェンスの練習になりません。
オフェンスとディフェンス合わせてバスケットです。ディフェンスからオフェンスが生まれます。ディフェンスから徹底した方がいいと思います。

こんな感じでいいのかわからないのですが、以上でーす。でも、まぁバスケットを楽しくやりましょー!!

スポンサーリンク

他の選手と協力して勝利を目指す

何度か練習もしたポジショニング。あのポジショニングがしっかりできていれば、もっとアグレッシブにディフェンスすることができる。確かに。カバーがいると思ったら、多少リスクをとっても前に出てプレッシャーをかけることができる。二線でスティールを狙っている選手がいると思ったら、ボールマンへプレッシャーをかけて浮いたパスを出させようという気になる。

そういうディフェンスは身体的な負荷が高いけど、他の選手と協力して守るという達成感というか、チームプレーの気持ちよさというか、そういうものを感じることができると思う。そうなれるように頑張っていきたいね。

「ディフェンスを頑張らないとオフェンスの練習にならない」という言葉も印象的。簡単にディフェンスが抜けてしまうから、みんな1対1で攻めてしまうんだよね。だってディフェンスをキレイに抜いたら気持ちいいもん。これが「このディフェンスには1対1が通用しない」ってなったら、安易に1対1なんてできないわけだ。そうしたらオフェンスも別の方法を考えざるを得なくなりそうだね。

そうなって初めて、「もっと周りを見よう」という意識が芽生えてくるのかもしれない。もっと周りを見ろっていうのは何度も話しているけど、「必要にせまられないとできるようにはならない」のかもしれない。それが必要な状態が作れるように、ディフェンスの技術を高めていくと。道のりは長そうだけど、頑張っていきますか!

スポンサーリンク

6 Responses to “ディフェンスからオフェンスが生まれる by 朝シャンの魔術師”

  1. admin より:

    いやー、大事なことばかりだね。
    HNじゃ誰が誰だかわからないと思うので、
    (朝シャンの魔術師ってw)
    メンバー紹介のページでも作ろうかと思います。
    今まで日誌を書いてくれた人から順に作ります。
    私が勝手に紹介文を書くので覚悟しておいてください(笑)

  2. 赤頭 より:

    >朝シャンの魔術師君
    >いっせん、にせん、さんせん
    >ボールのないところのスクリーン
    まさに私の目標とするところです。
    朝シャンの魔術師君、ディフェンスの時いつも声出してるもんね!
    お手本になります。もっといろいろ教えてください。
    >リーダー
    >メンバー紹介のページでも作ろうかと思います。
    ぜひお願いします。参加させていただいてから半年が経とうとしていますが、正直まだ名前と顔が一致してません(笑)。
    >みなさん
    市民戦、応援にいきまーす。ガンバレー!!!

  3. ノーブリー より:

    朝シャンの魔術師って誰だ?女子か!!
    火曜日はいけませんでしたが・・・
    >いっせん、にせん、さんせんを
    >もう少ししっかりした方がいいと思います。
    >そうすれば、抜かれた時とかにすぐカバーにもいけて、
    確かにあんまり「カバー」を意識が高くないんでしょうかね。(いや、私がその際たるものですが(笑))
    だから1対1で簡単に抜かれて得点まで許してしまうのでしょうか?
    この辺をまた教えて欲しいです。。
    >オフェンスとディフェンス合わせてバスケットです。
    >ディフェンスからオフェンスが生まれます。
    かっこいい言葉ですね。私もブルースボウエンのようなディフェンスの達人になりましょうか?
    (なれる訳もありませんが・・・最近の私の目標は・・・ヤスを止めること)
    オフェンスに関して私が思うこと
    ホーネットってトップからボールが運ばれることが少ないと思います。
    トップから運べば右でも左でもパスの選択肢があるのに、例えば左からボールを運んでしまうと基本的にトップしかボール回せないじゃないですか?
    逆サイドにボールを回したときって、長い距離をボールが移動するわけだからカットされやすいですよね?
    まぁ、状況にもよるんでしょうけど、なんとなくそう思うのです。

  4. admin より:

    >赤頭さん
    >市民戦、応援にいきまーす。ガンバレー!!!
    ありがとうございます。頑張ります!

    >ノーブリーさん
    >ホーネットってトップからボールが運ばれることが
    >少ないと思います。
    確かにトップにボールがあれば選択肢は増えるんですけど、
    サイドからボールを運ぶのにも、
    ディフェンスの視線を片方に寄せられるということと、
    ディフェンスが見えていない方向から
    中央に走りこんでくることができるという利点があるんです。
    なので、どちらかに決めておかなくてもいいと思います!

  5. ノーブリー より:

    >リーダー
    あ、マジですか?自分は王のほうだといつもトップからボールを運べって怒られるんですよ・・・(-_-;)
    うーん、確かに言われてみれば、どちらかに偏っていればトップは空いてるわけだし攻め易くなるということか・・・
    チーム戦術の違いなんでしょうかね?
    王の場合、
    1番がトップにボールを運んでくる

    左右の45度付近で2対2をやってボールをもらう
    ってところからオフェンスを始めるように教え込まれてるんで(身についてませんが(笑))、左右どちらでもボールを裁けるようにトップから攻めろと言われております。。
    それが頭の中に刷り込まれてるみたいっす。
    リーダーの人物紹介・・・なんか恐い(笑)

  6. admin より:

    >ノーブリーさん
    あまりこだわらなくてもいいのではないかなと。
    トップからじゃないとダメだと思ってしまうと
    それこそ選択肢の幅を狭めてしまいますし。
    いろんな攻め方があるので、
    状況に応じて柔軟にってことで!

    >リーダーの人物紹介・・・なんか恐い(笑)
    やってみたら超めんどうでした!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ