表示崩れへの対処方法

当サイトは最新バージョンのブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Google Chrome等)で表示確認を行っています(ブラウザというのはインターネットに接続してサイトを表示するためのソフトのことです)。最新のブラウザを使っている場合は問題ないと思いますが、Internet Explorerを使っていてなおかつそのバージョンが古い場合、表示が崩れてしまうことがあります(IE7でトップページの表示が崩れることを確認しています)。その場合はこのページで解説している方法で表示崩れを改善することができます。

スポンサーリンク


インターネットエクスプローラーのロゴ
↑上段左がファイヤーフォックス、その下がグーグルクローム、その右がインターネットエクスプローラーのロゴ。

古いバージョンのInternet Explorer(IE)はサイトの表示が崩れるだけでなく、悪意のある攻撃(ウイスル等)への対策が十分でないなどセキュリティ上の問題もありますので、以下の手順を参考にブラウザを最新のものにバージョンアップしてください。ブラウザのバージョンアップに費用は一切かかりません。

IEのバージョンの確認

IEのバージョンを確認するためにはブラウザを立ち上げて上部ツールバーの「ヘルプ」という部分から「バージョン情報」というメニューを選択すると表示されます。
IEのツールバー

私のIEはバージョン8なので8.0…と表示されます。この場所が6…や7…の場合はバージョンアップが必要です。
IEのバージョン情報

Windows Update

ウインドウズにはWindows Updateという機能がついています。Windows Updateというのはお使いのパソコンの状態を診断し、Windowsを自動的に最新の状態に更新するためのシステムです。そのシステムを使うことでIEもバージョンアップすることができます。

WindowsXPの場合、スタートボタンをクリックして「全てのプログラム」を選択すると上部にWindows Updateという項目が表示されます。そこをクリックすればWindows Updateのサイトに接続することができます。

接続後高速インストールとカスタムインストールが選択できる画面が表示されるので、高速インストールを選択します。

IEのアップデート

クリックするとパソコンが自動的に診断されます。初めて診断する場合や回線速度、お使いのPCのスペックによっては時間がかかることがあるので気長に待ってください。診断が終了すると更新するファイルが表示されて「更新プログラムのインストール」というボタンが表示されます。そこをクリックすれば更新ファイルのダウンロード&インストールが始まります。インストールするファイルによっては途中で「同意する」ボタンが表示されるものがありますので、表示されたら「同意する」をクリックしてインストールを進めてください。

OSにサービスパックを適応していない場合はWindows Updateでサービスパックを適応した後にIEをインストールすることになるので、何度かWindows Updateに接続する必要があります。最初の接続でサービスパックをインストール、パソコンを再起動後、次の接続で他のセキュリティアップデートとともにIEをインストールという手順になります。

IEのアップデートが終了したあとも更新ファイルが表示されなくなるまで繰り返しWindows Updateに接続することをおすすめします。

最新バージョンのIEがインストールされた時点でサイトが正常に表示されるようになります。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ