暑い日にマックで

今回のネギは4本は確実に育ってくれそうです。もう一本伸びてきそうなのがあるので、うまくいけば5本。次は納豆に入れて食べてみようと考えています。

ネギ4本

最近は少しずつ涼しくなってきましたが、ちょっと前までは昼過ぎの暑さが半端無かったですよね。暑すぎるときはエアコンのばっちりきいたマックに避難して作業していたりしたのですが、あるとき女子中学生(または女子高生)らしき3人組がすぐ後ろの席にきておしゃべりを始めました。

一瞬たりともとぎれないおしゃべり。全部聞こえたわけではないので定かではないですが、話している内容の96%くらいは恋バナだったような気がします。雰囲気が。

その3人の中で一人、面白い人がいました。相談っていう感じで話始めるんだけど、他の二人が何かアドバイスすると、いやそれはこうだからダメ、いやそういうのはしたくない、とか言って、アドバイスを一切聞かないんですよ。相談してる意味なし。

高校生くらいの時に「相談がある」と呼び出され、話を聞いてアドバイスしたらことごとくそのアドバイスを拒否られ、「相談の意味ねーだろ。話したいだけならオマエが来いよ。もしくは日記に書け」と怒り狂ったあの日を思い出しました。

その子、他の二人が話してるときは結構キツめの口調で「◯◯しなきゃダメだって」とか言ってるんですよ。それがまた一方的な言い方で、全然相手に寄り添っている感じではなかったです。相手の気持ちとか関係なしで、自分はこう思う!これが正解だ!って感じでした。この子はいったいどうやって交友関係を維持しているのかと、その部分が気になりました。

そしてそんな様子を見て「やはりバスケに通じている」と思ったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ