省エネではなく無駄を求めて

どうも。昨日風呂からあがったとき、リンスをしたかどうかわからなくなっていました。ヤバイです。

これもヤバイです。
足をひねるイセ

私は体がまだイメージ通りに動かないというか、イメージではヤマザキのように動いているのですが、実際は同じように動いてはいないので、そのぶんを別の何かで補わなければいけません。私の場合、別の何かっていうのは、いろいろなところを見ておいて状況を把握することだったり、相手の動きを予測することです。

ディフェンスしているときに自分のマークマンだけ見ているとたくさん動いて追いかけなければいけなくなりますが、他の味方の位置やスペースなんかを見ておけば、無駄に動かなくてすむようになります。相手が右に抜きにくると予測できていれば、左にフェイクされたときに無駄に動かずにすぐに右のコースを塞ぐことができます。オフェンスでも、ボールを持っている選手がこっちを全く見ていなかったら動いても意味が無いので止まっていられるし、味方が次どう動くかを予測しておけば、こっちを見そうな瞬間を狙って動くことができます。

しかし、たとえばディフェンスの時に無駄に追いかけることができる、その運動量が必要だということも間違いないんです。私はその部分が圧倒的に足りていないし、チーム内を見ても年長組はそういうところが足りていなくて、試合になるとそこが足を引っ張ることが多いです。年齢的な問題なのかもしれないんですが、それだけではないと思っています。もっと運動量は増やせるはず。頑張っていかなければ。

ということで、明日の練習試合、みんな来てくれると信じています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ