普段から試合をイメージして

ある人が言っていました。試合前だからって焦って練習しても意味が無いって。ホントそのとおりです。たった1回やそこらの練習で変わるわけがない。普段から試合のことを想定しながら練習していなければいけないです。

試合が前提にある人と、そうでない人は見ればわかります。そうでない人っていうのは、ただその場でバスケができればいいっていう感じの人だったり、試合で自分が活躍することが想定できない人です。プレーを見てるとわかるんですよ。試合をイメージしたプレーかどうかって。

その場でバスケができればそれでいいっていう人は論外です。そういうバスケのやり方もあっていいとは思いますが、我々はそういう集団では無い。みんなバスケがやりたくて集まってるんだけど、やはりそれぞれで上達を目指して取り組みたいです。

自分が試合で活躍することが想定できない人っていうのはちょっとやっかいです。そうなってしまう原因はいろいろあって、自力での改善はなかなか難しいかもしれない。自力で改善するにはかなり時間がかかるかもしれない。まず自分がそういう状態だって気づけないし。だから私が関われる人であれば、積極的に働きかけるようにしています。そういう人たちも、うまくなりたいという想いは持っているので。

今月もいくつか試合があります。常に試合をイメージした練習ができるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ