審判講習会後の練習

どうも、リーダーです。視力が弱くなりすぎて、青くてテカテカしている紙に黒字で書かれた文字がまったく見えず、名簿の空欄に自分の名前を書くことができなかった。という夢を見ました。夢で良かったですが、最近視力低下気味です・・。

ちょっと間が開いてしまいましたが、先週の日曜の練習の話です。審判講習会の夜の練習。審判をつけてゲームをしました。いつもあやふやなまま流れてしまっているところで笛が鳴ったりして、なかなかいい感じだったと思います。

審判をやっているほう(主にWARAさんと私)も「いつも同じようなバイオレーションをする」「いつも同じようなファウルをする」ということがわかっているので、狙って吹いていました。あのファウルやバイオレーションを探しながら審判する感じ。審判の技術向上にもつながりそうです。

みっちやいそっちも昼間の講習会での経験をいかし、審判をやりました。みっちはそれなりにできる。ファウルも取り上げてました。いそっちもできることはできる。しかし笛を鳴らすことに慣れていない感じ。今度は笛を鳴らす練習もしよう。

体育館

審判も「体の状態」で実力が大きく左右されると感じています。体の状態がいいときはよく見える。笛も良く鳴らせます。体の状態が良くなくて足元がフワフワしてるときなんかはファウルやバイオレーションを見逃してしまう・・。あと自分の中のイメージを超えた速い(早い)プレイは吹くのが難しい。こういうのも面白いです。

これからも人がたくさん集まったときは審判の練習もしながらゲームするようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ