ボールハンドリングのレベルがわかるプレイ

どうも、リーダーです。OTKさんの家でこれを書いています。OTKさんのPCはキーボードがツルツルしていて触り心地が素晴らしいです。ちなみに今OTKさんはベッドで携帯をいじっています。

先日のクラブ選手権でもボールハンドリング技術の未熟さが気になる場面がありました。これはずっと前からそうですよね。ボールハンドリングが向上しなければ上達はありえないと考えたほうがいいです。バスケットボールはどこまで行ってもボールを扱うスポーツなんですから。

ボールハンドリング技術の影響が大きい部分はどこでしょうか。ドリブルなのか、パスなのか、シュートなのか。まぁすべてに大きな影響を与えますが、私は「キャッチ」の部分にそれが顕著に現れると思います。キャッチっていうのはただ飛んできたボールを取るだけの動作ではありません。勢いや方向を瞬時に把握して、うまく衝撃を吸収し、そして次のプレイがするにできるようにボールをコントロールする。それがキャッチ。ボールハンドリング技術が未熟だとこれができません。

特に、自分が準備できていない瞬間にボールが飛んできた場合。とっさに手を出してキャッチできるかどうか。これ大事。県の大会などでは際どいところにパスが飛んでくることも多いです。それをいかにうまくコントロールして次のプレイにつなげるか。キャッチできずに弾いてしまう人もいますよね。

ボールハンドリング技術が未熟な人というのは、力んで手を出して力でボールを支配しようとしてしまいます。だからボールが手から弾かれる。ボールハンドリング技術が十分な人は、力まずボールの勢いを殺すようなキャッチをしてますよ。例えば練習動画7447の2.30くらいのOTKさんのキャッチなんかがそうです。自分が意図しないタイミングでパスが来たのに、とっさに手を出していい感じでボールの勢いを殺していますよね。こういうキャッチができてほしいんです。

できない人多いです。練習していきましょう。

OTKさんのキャッチ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ