佐渡遠征 – 行きのフェリー編 –

佐渡遠征の記事、行きのフェリー編です。メンバーの到着が遅れていたこともあり、時間ギリギリでフェリーに乗り込みます。乗るのが遅くなったので座れる場所が無く、とりあえず荷物だけ置いて、あとは各自自由行動に。朝ごはんを食べたり、ウミネコ(カモメ?)にかっぱえびせんをあげたりして過ごしました。

スポンサーリンク

フェリーでもフェイクの練習

さらば本土。
さらば本土

目が覚めたヤマザキ。
目が覚めたヤマザキ

ヤマザキとタガは腹ごしらえに。タガが食べたカレーとラーメン。
タガが食べたラーメン

トキの牛乳。
トキの牛乳

佐渡遠征メンバーで占領されていた喫煙所。
喫煙所を占領

ナインの首脳会談か・・?
ナインの首脳会談

やることもないのでウミネコと戯れる。
ウミネコの写真を撮ろう

近い!
ウミネコの後ろ姿

鳥を上から見ることなんてめったにない。
上から見たウミネコ

下を飛んでいるウミネコを見つめるOTKさん。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

触ろうとしているのか・・。
手を上げる陸さん

かっぱえびせんをあげるのが楽しい!
ウミネコの前に集合したホーネット

かっぱえびせんをあげながらはしゃぐWARAさん。
ウミネコにはしゃぐWARAさん

短いかっぱえびせんを持ってびびっているOTKさん。
ビビりながらかっぱえびせんを持つOTKさん

指のフェイク。
笑顔で指を出すOTKさん

これが意外とひっかかって、近くまで寄ってくる。しかしフェリーの上でもフェイクの練習をするとは、さすがOTKさん。抜け目ない。

一方タガは・・。
かっぱえびせんを口にくわえたタガ

捕まえようとするWARAさん。
ウミネコを捕まえようとするWARAさん

海を見ていると何かを落としてしまいそうな気になってくる。ヤマザキは中学の時にフェリーからメガネを海に落としたらしい。

「かっぱえびせん投げてる友達の横にいたんです」「そしたらかっぱえびせん投げる手が俺のメガネに手がひっかかってポーンッて海に飛んでいったんですよ!」

相当面白い。トマのメガネで試してみればよかった。

スポンサーリンク

フェリーの揺れのせいか足がつりはじめる

途中で足がつりはじめた。まだ試合もしてないのに船の揺れに耐えるだけでつりそうになってるとかマジ弱すぎる。少しでも体力を回復させるために寝ようとするがなかなか眠れず。しかたがないから写真を撮ることにした。

座りながら眠るミスターの写真(さいとうさん用)。手の感じが上品。
眠るMr.新潟

ベンチで眠るMASAさん。
ベンチで眠るMASAさん

元気な人達。
顔を覆ういそっち

髪ボサボサ。
ボサボサいそっち

そうこうしているうちに島が近づいてきた。
島が近づいて来ました

海には大量のクラゲ。この中を泳いだらすごいことになりそう。
大量のくらげ

手を振ったら振り返してくれた。
手を振り返してくれた

お面がお出迎え。
お面がお出迎え

到着後、旅館のバスで体育館へ直行。記念撮影をしてから試合開始。相変わらず足はつりそうだった。はたして試合で動けるのか・・。

続く。

佐渡遠征関連の記事

佐渡遠征 – 出発編 –
佐渡遠征 – 佐渡汽船編 –
佐渡遠征 – 行きのフェリー編 –
佐渡遠征 – 1日目の試合編 –
佐渡遠征 – 入浴から夕食編 –
佐渡遠征 – 二次会編 –
佐渡遠征 – 番外編その1 –
佐渡遠征 – 番外編その2 –
佐渡遠征 – サプライズパーティー編 –
佐渡遠征 – 二日目の試合 –
佐渡遠征 – 帰りのフェリー編 –

スポンサーリンク

2 Responses to “佐渡遠征 – 行きのフェリー編 –”

  1. さいとう より:

    瀬倉さん、ありがとうございます☆!!

    朝からHAPPYです♪笑

    実は私のことを想ってくれた人が他にも二人いました・・・
    なんて幸せ者なんでしょうか。
    でも、SDに行けなかった悔しさとみんなが楽しそうに話す寂しさったらありません。。

    しかし上品ですね☆
    私は寝てるときに口が開くので、恥ずかしくて人前では寝られません。
    かわいいイメージが崩れてしまいます(ヤ)
    メガネをかけてのあのピースの写真もヤッパイです♪

    OTKさんの指のフェイク、ウケました!笑

    瀬倉さん・・・まだ試合もしてないのに船の揺れに耐えるだけでつりそうになってるとかマジ・・・

    よっっうぇ(弱)

    次の記事も楽しみだなぁ♪

    • リーダー より:

      さいとうさんの口があいた寝顔・・
      ぜひとも写真におさめたいです。

      来年は行きましょう、佐渡!

      何もしてないのにつりそうになってたのはホントまいりました(ペ)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ