パソコンが起動できなくなった

どうも、リーダーです。ようやくあくびを完全に克服し、日常的に痛みを感じることはほとんどなくなりました。涙を流しながら百パーセントのあくびができるってすばらしいです。

痛みが無くなってヤッターと思っていたら、別の問題が発生しました。パソコンのハードディスクがお亡くなりに…。

あれ、フォーマットが4%から進まないな…と思ってたら変な音を出し始めて認識しなくなりました。持ってる中で一番新しいハードディスクだったのに(涙)

OSを入れてたハードディスクだったので起動できません。どうしようもないので交換です。PCはやっさんの影響を受けまくって自作です。仕組みがわかれば意外と簡単。「組み立てる」だけです。エビでもきっとできるでしょう。

さて、HDDの話ですが、積んでた他2台はバスケ関係のファイル(動画等)で容量がいっぱいいっぱいなので、新しいHDDを買うしかありません。

少し前はタイの洪水の影響でアホみたいに値段が高騰していたので、今はいくらくらいなのか恐る恐る別のPCから価格コムを調査…気が付いたらなぜかSSDを注文していた私…。

SSDっていうのはHDD(ハードディスク)と同じ働きをする記録媒体です。HDDより読み書きが早く衝撃にも強いですが、容量が少なくて値段も高いのが難点。HDDは今容量2T(テラ)のものが一万円弱で買えますが、SSDは128G(ギガ)で一万二千円くらいです。1G×1000が1Tです。容量あたりの価格はSSDが圧倒的に高いんです。なので、OSやソフトウェアの本体だけを低容量で安価なSSDに入れて、サイズのでかいデータはHDDにいれとくっていう作戦です。まぁそのHDDはいっぱいいっぱいなので結局また買わなきゃいけないですけど…。

そんなわけで、明日SSDが届くまでPCで作業ができません。

PCが使えないってのはバスケ的にも一大事です。なぜならバスケについて考えるためのネタにアクセスできなくなるからです。いつもは動画を見ながら1対1の動作を考えたり、記事を読みながら姿勢について考えたり、記事を書きながらスクリーンについて考えたり、メールの返信を書きながらシュートについて考えたりしてるんですが、それが一切できません。いつもなら練習前に動画みながらこれを試してみよう!っていう感じで準備をしていくんですが、今日はそれもできず。少しソワソワしてしまいます(笑)

今日は早めに行ってシュート練習をたくさんします。市民戦前でじっくりシューティングできるのは今日が最後だからね。みんなも早く来るといいよ!

スポンサーリンク

4 Responses to “パソコンが起動できなくなった”

  1. ターン禁止冷蔵庫TG より:

    かっぱえびせんからターン禁止令がでたTGです(`∇´ゞ

    日曜日から5連夜勤が始まりました☆

    夜勤明けの日課は
    このブログみてから
    活動開始するんです

    今日はリーダーさんのPCご臨終って事なので

    ブログ更新してませんでした(;`皿´)

    寂しいもんですね☆
    俺の日常にバスケが浸透してきた… 笑

  2. 最近右肩が痛いかっぱえびせん より:

    TG・・・分かっていると思うが、ターン禁止って言ったのは今後絶対にターンするなってことじゃないからな(笑)
    もちろんボールもらって即バックターンしちゃってトラベリングするのは問題外だから、ターンするタイミングを考えなきゃだな!トラベリングは誰にでもする可能性がある。だからルールとして存在する。それをしないために、どんな方法があるか、どんな動き方が必要か、考えなければいけない。せっかく練習を撮ってるんだから、有効に使っていこう!
    実際に俺もホーネットのトラベラー(トラベリングを多くする奴)だから、TGに対して言えることじゃない。だから、リーダーが言っていた「フワフワした動き」をしないように、焦らず、ゆっくりと、そしてパスで攻めるように意識しています。パスで攻めて、合わせが上手くいってシュート入ったほうが、自分も疲れないし、チームとしては良い雰囲気になるだろうから。

    とりあえず、市民戦まであと少しだ。みんながんばりましょう!!

    • トラベリング冷蔵庫TG より:

      (`∇´ゞ
      EBI
      常に考えてプレーしないとだな
      市民戦楽しもう☆

  3. リーダー より:

    >タガ

    >トラベリングは誰にでもする可能性がある。

    誰でもする可能性があっては困りますよ、エビさん。
    トラベリングは無くせる。
    軸足の状態がしっかり意識できるようになれば。

    >タガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ