効果的なスクリーンを習得中

こんばんは!
陸です!

今日は昨日の続き、「スクリーン」についてです。
陸がホーネットのお世話になることになってから、今の自分にできる事は何かを考えました。
陸が思う「ホーネットというチーム」は、高さは無いけど1ON1のスキルが高いプレイヤーが多いので、そういうプレイヤーが楽にシュートを打てるようにしたいなと考えました。
やはり、よりゴールに近いとこ」で、よりフリーに近い状態でシュートを打てるようになれば、それだけで得点のチャンスが上がると思うからです。

なのでホーネットでは、まず「スクリーン役」と「リバウンドとルーズボール」を頑張ろうと思いました。
しかし、いざ「スクリーン」と言っても、これがまた難しいわけです。特に角度。
上手いチームのプレーを見てると、ちゃんとスクリーンが機能して「ズレ」が生まれています。そういうのをイメージしてプレーしているはずなのに、スクリーンのかかりが甘いと言うかズレない。
これは、角度とタイミングに問題があるのかな、と感じています。
最近の練習中、リーダーさんのところにスクリーンに行くと、よく「角度」と言われていますしね。

今はまだ、とにかく色々試している段階です。
失敗しても、これからも試し続けて、学んでいかなければなと思います。
じゃないと、Aクラスで通用しないですもんね。

追伸

写真は、先日ARK氏からいただいた長野みやげです。
えみと一緒に美味しくいただきました!
また、お願いします!!!
とか言っちゃったりして(笑)

今度は、陸が何か買ってきますね!

スポンサーリンク

2 Responses to “効果的なスクリーンを習得中”

  1. ありき より:

    思いっきり単品ですいませんでしたΣ(´∀`;)
    そして、わざわざ届けて頂いてありがとうございました!

    またお願いされましたよー(^^)

    ご近所ですからね♪

    また、まるしんで会いましょう!!

    • より:

      ありきさん→本当に美味しかったです♪ヽ(´▽`)/今度は陸が何か買ってきます!
      受け渡しは、まるしんで(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ