大丸杯に出場させてもらってきました

どうも。この間の土曜日は大丸杯という村上の大会に、ナンバーナインの一員として出場させてもらってきました。いつも誘ってもらってホントありがたいです。対戦相手はNKクラブ(新潟教員)と新発田クラブ。県内トップクラスのチームです。こっちはナインの方々プラス、Mr.新潟ことヘッジ高木氏と私。県内トップクラスのチームと対戦することなんてまずないので、貴重な経験ができました。

試合はボロ負けだった上に個人的にもなんもできなかったんでそっとしておいてほしいんですが、いろいろと学びがあったのでそれをメモっておきたいと思います。

NO.NINE vs 新発田クラブ(通称シバクラ)
NO.NINE vs 新発田クラブ

試合が始まる前にMr.新潟がワンセンター、ツーセンターのときの基本的な攻め方を教えてくれました。これがとても面白くてですね。ホーネットでもやってみようと思いました。MASAさんが目をキラキラさせて話に聞き入っていたのが印象的でした。

中と外の動き。フロアバランス。ボールがないところでのバックスクリーンなど。特にバックスクリーンの使い方がいい感じでした。私が「逆サイドでのバックスクリーンを使え」と言っていたのにも通じるものもあり、さらにトップの選手は動きが作れてしかも何度も繰り返せるというナイスな感じ。あとはボールマンへのスクリーンに対する守り方と、ピックアンドロールのパスの通し方など。「面を変える」っていう言葉も非常に共感できました(私が「角度を変える」と説明していたこと)。

机上の空論ではないところが良かったです。実践に基づいたノウハウ。理屈は誰でも(バスケをしていない人でも)教えられるけど、それを実現するためのちょっとしたコツなんかは、やっぱり選手としてやっている人じゃないと伝えられない。しかもレベルの高いところでやってる人の言葉なので、勉強になることが多かったです。

隣のコートのジャマイカカラー。
隣のコートのジャマイカカラー

試合ではテンポの早さと当たりの強さ、デカさ。みんなうまいのは当たり前として、身体能力も高い。あとはですね、パスが早い。ボールの扱いがすばらしく上手い。力があるからうまく扱えているのではなく、上手に扱っているからうまいという感じ。我々はボールの扱いがまだまだ雑だと思った(だからパスが遅い)。土台が安定している感じも。足元がフワフワしている選手はほとんどいなかった。だからミスが少ない。ということを直に感じられたのは非常に良かったです。当たり前だけど、動画で見るとのコートで感じるのとでは得られるものの量が全然違います。

試合終了後にようやく実現できた絶妙なフロアバランス。
フロアバランス

という感じでした。いやー、面白かったですホント。

スポンサーリンク

2 Responses to “大丸杯に出場させてもらってきました”

  1. ホーネッツCを狙ってるHISA より:

    大丸杯お疲れさまでした!

    一緒に出場していただき、
    ありがとうございました!

    試合意外でも、色々と為になった1日でした!

    また、機会がありましたら融合をお願い致します!

    (*^o^)/\(^-^*)

    • リーダー より:

      ホントありがとうございました。
      楽しかったです。
      また誘ってくださいとITAさんに言っておいてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ