義務ではなく欲求

やばいです。最近は「書きたい」ではなくて「書かないといけない」状態に陥っています。書くネタがないわけではない(メモはどんどん増えていっている)し、どんな話題でも書こうと思ったら書けるものなんですが、そのときのモチベーションは記事の質に大きな影響を与えます。欲求ではなくて義務になった時点で記事の質が下がるんですよね。

バスケも一緒。

周りをよく見なきゃいけない(義務)→見ないし良いパスも出せません。
ナイスパスを出したい(欲求)→周りをよく見るようになるし良いパスが出ます。

練習しなきゃいけない(義務)→練習しても上達しません。
練習したい(欲求)→練習すればするほど上達します。

ドリブルをついちゃいけない(義務)→良いプレーはできません。
パスでつなぐプレーがしたい(欲求)→良いプレーができます。

勉強とかもそうだ。やらなきゃいけないと思うとできない。それをうまく「欲求」に帰ることができたらできる。欲求に変えるためには、先のことをイメージする必要がある。長期的視点が必要。でも、これがなかなか難しい。

と、書いているうちにノルマの文字数を達成しました。書いてみたら何かしら書けるんだ。書く気にならないだけで。

追伸 昨日の記事に誰もコメントしないのが私は悲しいです。

スポンサーリンク

2 Responses to “義務ではなく欲求”

  1. エビ より:

    俺は書きますたよ!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ