メモからいろいろ

私は記事のネタを思いついたらメモをとるようにしています。例えば練習の動画を見た時なんかはいろいろと言いたいことが出てくるので、それをメモっておきます。人と話たり、何かを読んだりして思いついたことも、メモったりしています。今日はですね、今メモ書きから内容を発展させることができなくてですね、面倒くさくなったのでメモ書きをそのまま書くという作戦にします。

イセのレイアップ

最近は体育館に行くとイセが異常に寒がっている。寒い寒い言いまくっている。去年も言ってたんだよね。そんなに寒いなら着こむなり何か対策すればいいのにと思う。

速攻への切り替え

うまい人はずっとうまいし下手な人はずっと下手なままであることが多い。実力差が覆されることってなかなかない。もともと難しいことなんですよ、うまい人に勝つことって。でもその難しいことをやろうっていうわけです。中途半端な気持ちで達成できるわけがない。死ぬ気で考えて死ぬ気で練習しなければ状況は変わらない。(でもがむしゃらにやればいいというわけではない)

エーハラ笑顔

人はなかなか変化しない。なぜなら変化はストレスだから。今のポジションが居心地がいいから。でも、変化しないと生き残れないんです。どんどん変わっていく環境に、適応していったものだけが生き残る。これは自然の摂理。バスケも同じ。

リバウンド争い

練習すればするほど自分が下手なことに気づく。あまり練習していない人は、自分が下手なことにすら気づいていない。新しいことに気づけば気づくほど、自分が無知なことに気づく。何も考えない人は、自分が何も知らないことにすら気づかない。

意外と跳ぶOTKさん

インカレの決勝がYoutubeで見れます。探してみてください。辻選手のスリーポイント、比江島選手のダンクなど、見どころ盛りだくさんで面白いです。

スポンサーリンク

2 Responses to “メモからいろいろ”

  1. 昨日の陸ブログのアンサー的な内容で、かなり参考になりました!

    何となくですが、頭の中で考えている事を言語化したほうがより効果があるような気がして、最近は練習前にバスケ手帳に「今日は〜する」とか、その日のテーマを書いてから練習してます。

    • リーダー より:

      言語化、いいですよね。考えることって楽しいですし、バスケの上達につながるので、トマも絶対にやったほうがいいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ