11月13日(日)Sリーグの日の朝

ピピピピッ。どこに置かれているかもわからない目覚ましの音がうるさく鳴り響いた。何度も鳴っていたのには気づいていたが、私が止めるわけにもいかない。なぜならここはニセムラカワの家だからだ。鳴っているその家の目覚まし時計を、客の私が勝手にとめるわけにはいかない。

目覚まし時計

しかし、なかなか目覚ましは鳴り止まない。家主がまったく目覚ましに気づかないのだ。目覚ましはスヌーズ機能を炸裂し何度か鳴っては止まりを繰り返した。そうしているうちにようやく止められた。そして全員が起床。7時起床8時出発の予定だったが、結局起きたのは7時55分だった。

トマは昨日の時点で9時に到着する気が全然なかったので気にする必要はなかったが、OTKさんとミトには9時に潟東体育館集合といってある。そしてあの二人は確実に時間通り体育館に行くだろう。ヤバイ。寝ぐせの処理もそこそこに、急いで出発した。

体育館に着いたのは9時10分くらいだった。集合時間には遅刻していたが、予定よりも早い時間につくことができてほっとした。予想通り、集合時間にしっかり到着していたOTKさんとミトと合流し、ちょうど始まった会場設営を行った。

会場設営が終了し、1試合目の開始が予定よりも10分遅れて9:55となった。我々は1試合目のオフィシャル。相手のホールズが譲ってくれて、前半オフィシャルをやることになっていた。しかし、もともとの試合開始時刻である9時45分になってもトマ(とイズミとじょー)が到着しない。4人ではオフィシャルができない。慌ててじょーに電話するとあと5分くらいで到着とのこと。

ウコンの力

全てはトマが原因だった。何度も電話をかけてもでない。寝坊しただけでなく、起きたと思ったら朝から3回もゲーゲーいって、しまいにはイズミに「免許証持ってきて」と言って運転をまかせようとしていたらしい。オフィシャルで得点をやったトマは終始うつむいていた。

そして試合に続く。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ