タケハラ披露宴に向かうまで

どうも。最近OTKさんが更新時間で遊んでてちょっと真似したくなるけど、でも私は8時に更新し続けます。

土曜日の夜はタケハラ結婚披露宴in新潟が開催されました。この日は大学西門に車を止め電車で会場のろんどん亭に向かい、夜はニセムラカワ宅に泊めてもらって次の日は一緒にSリーグに向かうという作戦。電車は17時10分内野発。しかし、昼間の3on3に長居したのが響き、西門に到着したのが17時01分・・・。

残り9分。かなり一生懸命走らないと間に合わない・・体力の無い私があの距離走り続けられるのか。そもそも走ったとしても間に合うという保証はない。荷物もあるし・・。半分諦めていた。しかし、そのときどこからともなく声が聞こえた。

「挑戦せずに諦めるのですか・・それとも失敗する可能性があるとしても挑戦するのですか・・」

私はその声にハッとし、挑戦することを選んだ。間に合わなかったら次の電車に乗ってタケハラに遅れると連絡すればいいだけじゃないか。そして私は走り始めた。

走る人と自転車

少し走るとすぐに疲れる。疲れたら休む。しかし、そう長く休んでいてはいられない。少し休んではまた走る。何台もの自転車に追い抜かれる。自転車ってなんて速いんだ!私の体はなかなか進まない。しかし、不思議と時間の進みは遅かった。このペースでいけばギリギリ間に合うかもしれない・・!

サークルKまでたどり着く。あとは坂道。一気に加速する。私の脇を自転車が超スピードで走り抜けていく。はるか前方に駅に向かって走っていく人が見える。ホームに電車が来ているのが見える。もう少し・・。

電車は私たち(ヤバイ人がもう一人いた 笑)のことを待ってくれていたようだった。ギリギリ間に合って乗ることができた。

新幹線

疲れきっていた私は乗り込んですぐに椅子に座った。あまりに疲れすぎて寺尾でエビが乗ってきたことにもまったく気づかなかった。正直エビなんてどうでも良かった。ふきだしてくる汗のほうが気になった。

疲れすぎて若干具合が悪くなっていたが、エビが話をしたそうにしてたのでしかたなく話をしていたらじょーが歩いてきて「トマを探している」と。あちこち探していたみたいだけどみつからない。

少ししてすぐ近くのボックス席にトマに似た人物が座っているのをじょーが発見した。携帯をいじっていたので試しにトマに「顔を上げて」とメールしてみたらその似た人が顔を上げてキョロキョロした。本物だった。

スマートフォンをいじる男性

新潟駅についてからはエビの方向音痴が炸裂。しかし、エビは私のせいにしていた。まったく・・・。

続く。

スポンサーリンク

4 Responses to “タケハラ披露宴に向かうまで”

  1. HISA より:

    リーダー!

    ナイスラン!!

    ナイストライ!!!

    とうとう、天の声が聞こえるようになりましたか
    (^_^;)

    教祖さまになる日も近い!?

    • リーダー より:

      天の声はしばしば聞こえます・・。
      そのうち教祖になるかもしれないです。
      この前友人に「(私に)洗脳されてるかも」って言われたんですよね(笑)

      • NINE HISA より:

         はい!

         私も洗脳されてます!!!

         おぶせの要らない、お金のかからない

         HONETバスケ教団の立ち上げをお願いします。

         m(_ _)m

         
        信者候補者HISAでした!!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ