S2リーグの助っ人 続き

原信での買い出しを終え、体育館に戻ったらエーハラがゴール下で立ち尽くしながら審判をしていた。ちなみにボールは逆側のリングのあたりにあった。みっちが助っ人に出ている試合は後半が始まるところだった。一人でさみしかろうということで応援に行ったが、行ってみたらその試合のオフィシャルが足りないことが判明。オフィシャルをしていたのが私の高校の後輩だったのでオフィシャルを手伝うことになった。

オフィシャルを終えて、夜の試合に備えてさっき買ってきた食料を食べる。久しぶりに食べたスイカバーはうまかった。エーハラは疲れきって寝ていて、トマはボケーッとしていて、みっちは腰が痛そうだった。私は洗濯物のニオイに絶望していた。朝急に連絡を受けたので、ユニフォームなどは生乾きのまま持ってきてダイソーで買ったハンガーにつるして体育館でほしていたのだ。その日はいい天気だったが、屋内干しでは全然乾かなかった。

そうこうしているうちにオフィシャルをする時間になった。あまりゆっくり休憩もできず。しかも他の連中が来なくてピンチだったが、相手チームの人もいたのでなんとか試合を開始することができた。

これがなかなかの接戦。審判の笛で流れが左右されるようなゲームだった。こういう試合の審判が一番疲れる。こっちの審判をエーハラにやってもらえばよかったと後悔したが、最近は審判も少しずつできるようになってきていて、それが実感できたのは嬉しかった。なんでも上達するのは楽しい。

そしていよいよS1リーグの試合を迎える。続く。

まぐろ中落ち丼

そういえば前日の夜はトマおすすめの店で遅くまで反省会をして、みんなでまぐろサーモンの中落ち丼を食べた。その場でトマはエーハラの師匠に昇格し、エーハラは絵が下手だということが判明した。そして、じょーが歌いたいということで今度みんなでカラオケに行くことも決定した。

スポンサーリンク

2 Responses to “S2リーグの助っ人 続き”

  1. 肉離れぶりー より:

    みんな肉離れになればいいのに。
    30過ぎてから!!

    特に戸松。全身なってほしい。筋肉一つ残らず。顔の筋肉とかも。

    ぶちってなれ。自分にしか分からない筋肉と筋肉が切れる感覚に。

  2. とま より:

    サーモンの中落ち丼ですね。

    ぶりーさん
    肉離れ・・・なったことないんで私はならないと思いますww

    とりあえずあと5年は大丈夫ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ