6号ボールに想う

土曜日はSSの練習へ。体育館へついたらまだ誰もおらず。暗い体育館に水銀灯をつけてから、ドリブルをつきながら体を温める。この時肩や胸でドリブルをつくことの大切さを改めて実感する。肘から先は力を入れない。不思議と手があたたまる。

スクリーンからのスリーポイントシュート

7時半を過ぎたくらいだったろうか。陸さん登場。せっかくの機会なので、11点先取の1on1をやる。このとき、「動けるスタンス」を改めて実感する。足幅が広すぎると動けない。

その後、5人で勝ち残りの1on1。ここで「以前よりも重心が低く落ちる」という実感がある。以前よりも重心が低いままドライブできるようになっている。先にこちらから当たっていく分には接触でも負けない。(私が一番体が小さかった)

8時すぎくらいにもう一人到着。これで6人。となりのコートでは女性2人がシューティング。一緒にやりましょうということで4対4をやる。6号ボールでのゲーム。これがまたなかなか新鮮。

陸さんは「ドリブルがつきやすい」と言っていたが、私は逆の印象。小さい分手からこぼれやすい。これは私のドリブル技術が未熟なことを表している。ボールの芯が捉えきれていないのだ。多少ズレても大きいボールならどこかが引っかかるが、小さいボールは引っかからずにすり抜けていく。ボールが軽くて鋭さが増す分、「正確に」つけなければミスの確率も高くなる。鋭くつこうと思ったら適当なドリブルがつけない。

レイアップシュートでも発見があった。今まで回転のかけかたを間違っていたことに気がついた。ボールの外側を回すのではない。芯を回すんだ。ボールの外側を回せば回転がかかるものだと思っていたが、それは間違いだった。中心に近いところを回したほうが回転がかかりやすいし、動作を小さくできる。うまい人との差がこんなところで見つかった。

総じて「ボールの外側」を使ってボールを扱っていた。もっと芯を捉えなければ。と、6号ボールでのゲームに想う今日この頃。

スポンサーリンク

2 Responses to “6号ボールに想う”

  1. NOぶりー。 より:

    おー、俺重心高いっすねぇ。

    全然パワーポジションじゃねぇな。。

    • リーダー より:

      高いです。パスのときも、ドリブルのときも高いです。そしてシュートのときも高いです(ここ大事)。

      のーぶりーさんだけでなく、安定したプレーができていない人はみんな重心が高いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ