いきなり声が出るようになるまでの土台

前回の続きです。

そんないきなりの変化カラオケでも起こって、それで「あぁこれはバスケと一緒だ!」と思って記事にしてみたわけです。

はばたくやっさん

私は一人で車に乗っているときに結構歌っています(笑)歌が下手なものですからカラオケに行ってもそれなりに歌えるようにひっそりと練習しています。今思い返せば、ここで結構な試行錯誤をしていました。例えばわざと低い声で歌ってみたりとか、音をよく聞くようにしてみたりとか、腹に力を入れてみたりとか、姿勢を工夫してみたりとか。

歌の練習以外にも「聞き取りやすい声が出せるように」と発声の練習もしていました。ボイストレーニングに通ったとかそういうことはなく、完全に自己流ですが。藤原竜也の声がカッコ良いなーと思い、Youtubeでインタビューの動画なんかをよく見たりしていました。人前で話をするときに腹を意識してみたりもしていました。

その結果、少しずつ「腹から声を出す」という感覚がわかってきたような気がしていました。喉で音を鳴らすのではなくて、もっと低い位置(腹)から声を出して喉をふるわせるような。今までは腹がきいていなかったんだなーと思いました。

で、そんなことをしていてカラオケに行ったらある瞬間にいきなり歌えるようになったわけです。今まではフワフワしているものを無理やり周りから抑えつけてコントロールしていたけど、それがカチッとはまるべきところにはまったような気がしました。そしてその感覚はバスケでも幾度となく感じていたことだったんです。

つづく。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ